PR

ニュース プレミアム

コロナ禍の観戦スタイル、視覚・聴覚に訴え 盛り上げへ新手法

東京ドームのスタンドに設置された応援ボード。取り外して蛇腹状に折りたたむとハリセンの応援グッズになる(読売巨人軍提供)
東京ドームのスタンドに設置された応援ボード。取り外して蛇腹状に折りたたむとハリセンの応援グッズになる(読売巨人軍提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、プロ野球、サッカー、相撲の国内主要スポーツ界で新たな観戦スタイルの模索が続いている。観客制限によって損なわれる臨場感を補うため、視覚や聴覚を刺激するさまざまなアイデアを捻出。感染防止を最優先にしながら、スポーツの醍醐味であるライブ観戦の妙を伝えようと知恵を絞っている。

スタンドにチームカラー

 まずは視覚だ。プロ野球の巨人は7月28日に有観客となった本拠地・東京ドームの客席に、チームカラーのオレンジと黒のボードで「THANKS FANS」と「WELCOME HOME」の文字を描いた。サッカーのJ1浦和は無観客だった7月4日の再開初戦で、ホームの埼玉スタジアムの客席に赤、黒、白のビニール約6万枚を使って優勝シャーレ(皿)などを描き出した。有観客になってからも客席をチームカラーの赤で染め上げ、クラブ関係者は「可能な範囲で大観衆の雰囲気を作り出したい」と話す。

ハリセン叩いて応援

 聴覚にも訴える。巨人は東京ドームに設置したボードを、席から外して蛇腹に折りたたむことでハリセンにできるようにした。読売新聞東京本社野球事業部は「大きな声を出す、タオルを振るといった応援が難しく、新しい楽しみ方として音を出すことに注目した」と説明。実際、ハリセンで出す大きな音は試合を盛り上げる一因になっている。

 Jリーグクラブの多くは、スマートフォンの専用アプリで「歓声」「拍手」といった表示をタップすると、スタジアムのスピーカーからリアルタイムで音声が出るシステムを導入。6月27日の無観客で体感したJ2千葉のMF田口泰士が「モチベーションが上がる」と歓迎したように、スタジアム全体のテンションを高めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ