PR

ニュース プレミアム

NYタイムズが「行くべき」と激賞した絶景の桜ピンチ

米紙ニューヨーク・タイムズの電子版に掲載された紫雲出山の桜の写真(三豊市観光交流局提供
米紙ニューヨーク・タイムズの電子版に掲載された紫雲出山の桜の写真(三豊市観光交流局提供
その他の写真を見る(1/4枚)

 米紙ニューヨーク・タイムズの電子版が昨年、“2019年に行くべき52エリア”の記事を掲載。日本からは唯一“瀬戸内の島々”が選定された。だが、この記事で写真が掲載された香川県三豊市の紫雲出山(しうでやま)=352メートル=の桜が病気にかかり、美しい風景が見られなくなる危機に陥っている。市観光交流局は、紫雲出山のアジサイを使ったドライフラワーの販売を専門店とともに企画。売り上げの一部を桜の保全に充てる取り組みが始まった。

瀬戸内海と桜が織りなす絶景

 昨年1月、ニューヨーク・タイムズの電子版は「2019年に行くべきデスティネーション(52エリア)」として日本で唯一、「Setouchi Islands(瀬戸内の島々)」を選定。世界中のデスティネーションでは第7位にランクインした。

 記事は、瀬戸内海の島々で開かれる「瀬戸内国際芸術祭2019」や会場となる豊島(てしま)、本島(ほんじま)に言及したが、合わせて、桜が満開の紫雲出山から望む瀬戸内海の写真が掲載された。

 市観光交流局によると、記事の効果もあってか、昨年の花見シーズンに紫雲出山を訪れた観光客は、一昨年に比べて1万人ほど多い約4万人に上った。市観光交流局の石井紫さんは「瀬戸内海と桜を同時に見られる場所は珍しく、欧米から訪れた人が目立った」と話す。

病気で枯死の危機

 紫雲出山は、瀬戸内海に突き出た荘内(しょうない)半島の先端にある。ソメイヨシノや八重桜など全体で計千本の桜があり、山頂からの眺めは格別だ。

 ところが、展望台付近の樹齢50~60年のソメイヨシノが、カビの一種が原因で発生する「てんぐ巣病」に相次ぎ感染。花が咲かなくなったり、木が枯死したりする病気で、いずれ満開の桜を見られなくなる可能性もあるという。

 市観光交流局は感染した桜の伐採や剪定(せんてい)を進めるが、大半の木に感染が広がっており、植え替えを迫られることも想定され、市とともに桜の保全計画を検討。紫雲出山の頂上には弥生時代の高地性集落の遺跡があり、桜の保全が遺跡に影響を与えることはあってはならないため、現在の景観を維持できるかは不透明で、植え替えとなれば、長い時間と多額の費用がかかるとみられる。

 以前から、桜の保全に向けた募金を観光客らに呼びかけているが、かかる費用をまかなえるほどの額が集まっていないのも現実だ。

「もったいない」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ