PR

ニュース プレミアム

藤井棋聖で神風吹いた「絹マスク」は浴衣帯メーカー救世主

ヒューリック杯棋聖戦第4局で勝利し、棋聖のタイトルを獲得し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館(恵守乾撮影)
ヒューリック杯棋聖戦第4局で勝利し、棋聖のタイトルを獲得し、感想戦で対局を振り返る藤井聡太七段=大阪市福島区の関西将棋会館(恵守乾撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 7月16日、史上最年少の17歳11カ月でタイトルを獲得したプロ棋士、藤井聡太棋聖。対局中に着用していたマスクも注目を浴び、製造する福井県坂井市の浴衣帯メーカー「小杉織物」には注文が殺到した。着物の需要減や安価な中国製品の台頭などの逆風を、創意工夫で乗り越えてきた同社。今回は新型コロナウイルスの感染拡大で浴衣帯の需要が激減する中、マスク製作に乗り出していたことが功を奏した。

「神風が吹いた」

 「これ、うちのマスクじゃないですか」。会社内でこんな声が上がった。棋聖位を獲得するより前の7月13~14日、王位戦第2局に臨んだ藤井棋聖は、和服にマスク姿だった。光の当たり方で浮かび上がる市松模様。幅がある耳ゴム。他社製にはない特徴的なプリーツの形状…。同社の「夏用涼やか絹マスク」に間違いなかった。

藤井聡太棋聖が着用し、注目を浴びた小杉織物の「夏用涼やか絹マスク」=福井県坂井市
藤井聡太棋聖が着用し、注目を浴びた小杉織物の「夏用涼やか絹マスク」=福井県坂井市
その他の写真を見る(2/5枚)

 藤井棋聖がつけていたマスクのことはSNSで投稿されるなどし、すぐに同社に「小杉織物製ではないか」と問い合わせが殺到。同社はサイト上で16日、「私どもが製造しているものだと思われます」と公表した。すると、藤井棋聖は16日のヒューリック杯棋聖戦第4局に勝利し、棋聖位を獲得。その対局でも同社のマスクを着用しており、マスクの注文がみるみる増加。1日7千枚の生産体制はフル稼働となった。まさに「神風が吹いた」状況だった。

 小杉織物社長の小杉秀則さん(63)は「職人として品質、技術にこだわった。藤井棋聖に大一番で使おうと選ばれたことがうれしい」と振り返る。

どんどん受注が減少

 この直前、同社は苦境にあった。

 浴衣帯は訪日外国人客向けの貸衣装用に需要を伸ばし、売り上げ全体の3割を占めるようになっていたが、新型コロナの影響で訪日客が途絶え、ほぼゼロとなった。その後も感染が拡大するにつれ、国内向けの受注もどんどん減少し、小杉さんは従業員に4月から半数ずつ休むように言い渡すに至った。

 ただ、縮こまってばかりではなかった。同社は活路を開こうと、当時まだ珍しかった絹製マスクの開発に挑戦。鼻の形に合わせる形状記憶ワイヤは、幸い自社製品で使っていたため在庫はある。耳ゴムは品切れで仕入れられないが、自社の機械で製造することに。こうして4月、「洗える絹マスク」を商品化。すると数日で1万5千枚もの注文が寄せられ、すぐに従業員を総動員し、長期休業を免れた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ