PR

ニュース プレミアム

ダイキンの高価格帯「換気エアコン」が今売れる理由

 冬季に使用すると室内が乾燥するエアコンの弱点をなくそうと、ダイキンは外気の水分を取り込みながら運転する機能を開発した。あくまで加湿することが主の目的で、換気できるという要素は「おまけ的なもの」(同社幹部)だったが、今回の新型コロナ禍では業界唯一となるメインの機能として売り出されることになった。

 ダイキンはホームページで住宅などでの適切な換気方法を紹介しており、「在宅勤務や外出自粛で自宅で過ごす時間が増える中、健康的で快適な空気を提供するための製品や情報を届けていきたい」(広報)と強調する。

 ダイキンによると、エアコン使用中の換気は新型コロナの感染対策だけでなく、室内から二酸化炭素やホルムアルデヒド、ハウスダストなど人体に有害な物質を排出するためにも極めて有効という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ