PR

ニュース プレミアム

【TVクリップ】「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」石原さとみ「頼りたい、と思える薬剤師」

フジテレビのドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」で薬剤師を演じる女優の石原さとみさん=東京都港区(桐山弘太撮影)
フジテレビのドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」で薬剤師を演じる女優の石原さとみさん=東京都港区(桐山弘太撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 これまで医療ドラマは数あれど、病院薬剤師を主人公にしたドラマは、日本の連ドラ史上初という。病院の薬剤部で、主に患者の薬の調剤・製剤を行う病院薬剤師たちの舞台裏を描くドラマ。演じる葵(あおい)みどりは、荒井ママレによる原作漫画では2年目の薬剤師だが、ドラマでは、キャリア8年目の薬剤師となっている。

 「ドラマ化の話を聞いて、ぜひやりたいと思って。原作漫画を読んだら、一気に読めて。知らないこともいっぱい知ることができました」とほほ笑む。「年齢的にも、新人(の薬剤師)は演じられないので、8年目で後輩を持つ形で進められてすごく良かった」と話す。

 演じていて学ぶことも多い。「漫画だけでなく、ドラマの脚本でも考えさせられる。一つ一つのテーマを自分のプライベートな部分でも考えるようになった」と明かす。そもそも「薬があるところに薬剤師さんがいる」という単純なことを初めて認識できたという。「薬って身近な存在なのに、それまではお医者さんの顔しか思い浮かばなくて。薬のことは薬剤師さんに相談すればいいという選択肢があることにも気付かなかった」と話す。撮影で、薬剤師も含めたチーム医療の大切さなども学べている。

 「(葵は)プライベートと仕事を分けるタイプではない」と分析し、身近にそんな薬剤師がいたら、「頼りがいがあるし、信じられる、頼りたいな、と思うんじゃないかな」と感じている。

 劇中では「衣装替えがほとんどない」という薬剤師のユニホームは、自身もデザインの打ち合わせ段階から関わった。「自分のこだわりもあったので、しっくりきています。とてもいい色合いで機能性もあるし」と笑顔を見せる。

 衣装の快適さもあるが、現場はそれ以上に「風通しがいい」と満足そうだ。病院薬剤部の部長、販田聡子(真矢ミキ)は、新人薬剤師の相原くるみ(西野七瀬)とコミュニケーションを取る際などに、「わかる~」と共感するせりふを連発するが、「真矢さんは、待ち時間にも『わかる~』を連発して、みんなにうつっちゃうぐらい。みんな役柄のまんま、調剤室の休憩シーンそのままの感じです」と撮影の舞台裏を打ち明ける。今週の第5話は「胸にグッと来るシーンが多くて、現場で涙をこらえるのが苦しかった」という。そのシーンを楽しみに、ドラマにどっぷりつかりたい。  (兼松康)

いしはら・さとみ 昭和61年生まれ。東京都出身。平成14年、ホリプロタレントスカウトキャラバン「ピュアガール2002」でグランプリを受賞し、女優活動を開始。ドラマでは、NHK連続テレビ小説「てるてる家族」、フジテレビ「失恋ショコラティエ」、TBS「アンナチュラル」、映画では「わたしのグランパ」「北の零年」「シン・ゴジラ」など出演作多数。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ