PR

ニュース プレミアム

分裂5年で風雲急告げる山口組騒動、離脱・解散情報の真偽

その他の写真を見る(1/2枚)

 三つどもえの争いが続く山口組の分裂騒動は勃発5年の節目を前にして重大局面を迎えている。ともに特定抗争指定暴力団として激しく対立する六代目山口組(神戸市灘区)と神戸山口組(同市中央区)。その神戸側の中核組織「山健組」が傘下から離脱し、旧山口組3団体の中で最小勢力の指定暴力団絆會(兵庫県尼崎市)が近く解散する-というのだ。真偽は警察当局が依然確認中だが、神戸側と絆會では近年、組を見限り六代目側へ復帰する組員が相次ぐ。六代目側が勢いづく可能性もあることから当局も警戒を強めている。

上納に不満か

 山健組が分裂する-。7月上旬以降、組社会に衝撃の情報が走った。複数の関係者の話を総合すると、山健組の中田浩司組長=殺人未遂罪で起訴、勾留中=が神戸山口組を離れて山健組を独立組織とし、健竜会といった同組傘下の主要組織が付き従うのだという。

 山健組といえば、山口組の渡辺芳則5代目組長の出身母体。神戸・三宮の繁華街から一駅離れた花隈地区を拠点に一時は1万人の組員を抱え、「山健組にあらざれば山口組にあらず」とまで言わしめたほどの“名門”とされる。

 ところが、警察当局による規制強化でシノギ(資金獲得活動)が困難となり、平成27年8月の山口組分裂で神戸側傘下に移ってからは、組員の離脱に歯止めがかからず、現在は700人程度とされる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ