PR

ニュース プレミアム

「#スポーツを止めるな」支援団体発足 コロナ禍の高校生アスリートを救え

「♯ラグビーを止めるな2020」発起人の野沢武史さん
「♯ラグビーを止めるな2020」発起人の野沢武史さん
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で活躍の場を失った高校生アスリートを救うため、元ラグビー日本代表の野沢武史さんが、支援活動の推進母体として一般社団法人「スポーツを止めるな」を設立した。選手のプレー動画に「#〇〇(スポーツ名)を止めるな2020」のハッシュタグ(検索目標)をつけてSNSに投稿し、進路支援につなげる試み。効率的な人材発掘の手段としても注目されており、“アフターコロナ”時代の新たな採用活動として期待を集めている。

 活動はラグビーから始まった。新型コロナの影響で、全国高校選抜大会など春先から大会が相次いで中止となり、採用を担当する複数の大学関係者から「いい選手はいないか?」と、日本ラグビー協会でタレント発掘活動を担う野沢さんに問い合わせが増加したことがきっかけだ。

 平時であれば、県大会8強レベルの学校でも地方大会で採用担当者の目に留まる選手も少なくないが、コロナ禍ではその機会も喪失。ラグビーは高校から競技を始める選手が多く、体力が安定してくる3年生になって才能が開花するケースもあり、そうした“遅咲き”の選手を発掘する機会も奪われる。「このままではラグビー界にとって大きな損失になる」と危機感を抱いた。

 野沢さんは「#ラグビーを止めるな2020」のハッシュタグをつけて、ツイッターやインスタグラムに選手のプレー動画を投稿するよう高校の監督らに呼びかける一方、採用担当者らにも周知した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ