PR

ニュース プレミアム

コロナで延期の修学旅行、トレンドは関西も感染拡大に不安

首都圏の代替の修学旅行先として注目されるユニバーサル・スタジオ・ジャパン=大阪市此花区
首都圏の代替の修学旅行先として注目されるユニバーサル・スタジオ・ジャパン=大阪市此花区

 新型コロナウイルスの影響で春から夏にかけて取りやめが相次いだ修学旅行が、関西では秋以降、復調の兆しが見え始めている。宿泊施設やバスの予約が急増。秋に延期した学校などからの予約が順調なためだ。自治体も修学旅行生の取り込みを後押しする。ただ、関西でも再び感染拡大傾向となるなど不安もあり、関係者は神経をとがらせる。(田村慶子)

首都圏避ける動き

 「修学旅行を延期した学校からの予約が増えている」

 京都市内のある旅館の総支配人は話す。コロナ禍が直撃し5、6月の客はゼロだったが、9月は予約ベースで客室稼働率が85%に回復。原動力は修学旅行だ。コロナ禍前から入っていた予約に、秋に延期した学校も加わった。

 感染の再拡大がいち早く目立ち始めた首都圏を避ける動きも背景にあるという。「京都市内で宿が押さえられず、近隣の奈良や滋賀に変更する学校もある」。インバウンド(訪日外国人客)が消失するなか、需要が見込める団体客の修学旅行に照準を合わせ、集客をかける宿泊業者もあるという。

 毎年、修学旅行生を受け入れているホテルニューわかさ(奈良市)では、4~6月はほぼ休業が続き、売り上げが前年同月比で5%を割る水準まで落ち込んだが、秋シーズンは一時、前年を上回る勢いに回復した。下谷幸司会長は「奈良は日帰り利用の多い地域だったが、宿泊する魅力を発信できる絶好の機会」と期待する。

 大阪市内のホテルでも、今秋から来年3月までで修学旅行の問い合わせや予約が増えているとの声があがる。牽引役はテーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)。当初、春先に東京ディズニーリゾート(千葉県)を旅程の中心にしていた学校が、首都圏を避け代替案としてUSJを選ぶケースがあるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ