PR

ニュース プレミアム

【エンタメよもやま話】脳卒中や筋力低下、欧州で問題化する新型コロナ後遺症

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、感染拡大に収束の兆しが全く見えない新型コロナウイルスに関するお話です。

 既に報道されているように、新型コロナに感染すると、息切れや激しい咳、高熱が続き、糖尿病といった持病を持っている人や高齢者は肺炎が急速に悪化。人工呼吸が必要となり、70歳以上の感染者では全体の約10%が数週間以内に命を落としているといいます。

 そんな恐ろしい新型コロナなのですが、実は肺炎だけでなく、脳卒中や神経の損傷、さらには致命的な脳の炎症といった神経系の合併症を引き起こす可能性があることが、英の研究グループの最近の調査結果で判明したのです。今週の本コラムでは、新型コロナのさらなる恐ろしさについてご説明いたします。

    ◇   ◇

 7月8日付の米CNN(電子版)や翌9日付の米金融経済系ニュースサイト、ビジネスインサイダーなどが報じているのですが、英の名門、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究グループが7月8日発行の英の脳神経医学専門誌「ブレイン(脳)」で明らかにしました。

 研究グループは、今年の4月9日から5月15日にかけて、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン病院(UCLH)で治療を受けた、新型コロナウイルスの感染者と感染の疑いのある患者計43人について調査しました。年齢は16歳から85歳で、いずれも軽度から重度の症状が見られました。

 そして調査の結果、これらの患者の間で、一時的な脳機能障害とせん妄(意識障害が起こって頭が混乱した状態)の発症が10例あったほか、脳炎症12例、脳卒中8例、神経損傷8例をそれぞれ発見。

 さらに、脳に炎症が起きた患者のほとんどは、けいれんや意識障害、運動失調、四肢麻痺などを引き起こし、致命的な状態に陥ることもある「急性散在性脳脊髄炎(ADEM)」と診断されたのでした。

 ある55歳の女性患者(精神疾患の病歴なし)は退院の翌日、自宅でコートを脱いだり着たりを繰り返し、ライオンとサルの幻覚を見ました。また、他の患者は手足や顔のしびれをはじめ、1つの物が二重に見える「複視」、そして時間や方向感覚が失われる「失見当識(しっけんとうしき)」を発症しました。重度の患者1人は意識がほとんどなく、痛みにのみ反応しました。

 新型コロナの感染拡大以前だと、研究グループがADEMの患者を診察したのは1カ月に1人でしたが、今回、調査を行った4月から5月には、その患者数は少なくとも1週間に1人に急増していたといいます。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ