PR

ニュース プレミアム

「決壊しない堤防」は可能、インプラント工法の実践を 開発者・北村精男氏に聞く

インプラント工法による堤防強化工事のイメージ図。堤防内部に区画を設けることで土の部分の液状化による不同沈下を防ぐ
インプラント工法による堤防強化工事のイメージ図。堤防内部に区画を設けることで土の部分の液状化による不同沈下を防ぐ
その他の写真を見る(1/7枚)

 今回の九州豪雨にみられるように温暖化がもたらす気候変動による台風や豪雨災害の激甚化、南海トラフ地震で想定される大津波被害を避けるため、避難対策とともに堤防強化の必要性が指摘されている。実際、平成23年の東日本大震災では東北沿岸部の堤防・防潮堤が壊滅的な被害を受け、堤防強化が図られている。昨年の台風19号では河川堤防が全国で140カ所にわたり決壊。この状況を受け、国土交通省は現在、有識者会議で河川堤防の強化策を検討している。

 こうした中、東北の堤防強化に用いられ、河川堤防の強化策においても昨年来、国会で質問が出され注目された新技術に、「インプラント工法」がある。鋼管杭や鋼矢板を壁状に地中に打ち込む「決壊しない堤防」をつくる工法を開発したのは高知市の技研製作所だ。社長の北村精男(あきお)氏(79)は5月、堤防強化策について政策提言する著書「国土崩壊~『土堤原則』の大罪」(幻冬舎)を出版した。同氏が主張する堤防強化策について聞いた。

(聞き手は編集委員・北村理)

 --日本で水災害が起きるたびに堤防が決壊し、人命や財産が失われ続けているのは、「堤防を土でつくることに固執しているのが大きな原因だ」と著作で主張していますね。

 北村精男(以下、北村) 日本ではそもそも河川管理の法令で「堤防は土を盛ってつくる」と決めつけている。だから、何度堤防が壊れ、人命財産が失われても、土の堤防をつくり続けている。確かに堤防が古来土でつくられてきたのは万国共通だ。どこの国でも長大な河川に沿って堤防をつくり、破れたら修復するには土が素材として利用しやすいからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ