PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】巨人を倒せるのは阪神だけ…日本流に適応したボーアとサンズが鍵握る

阪神のボーア=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
阪神のボーア=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
その他の写真を見る(1/2枚)

 打倒!原巨人を果たすための最重要条件はサンズとボーアが“マン振り”しないことだと指摘する声があります。開幕ダッシュに失敗した矢野阪神は7月4日の広島戦(マツダ)以降、驚異的な逆襲。24日の中日戦(ナゴヤD)に勝利した段階で16試合を12勝3敗1分け。通算成績も28試合で14勝13敗1分けです。先発投手陣の安定や4番復帰の大山の好調などさまざまな要因がありますが、見逃せないのは開幕後は打撃不振だったボーアとサンズの“確変”です。日本流の配球を研究し、ジャストミートを心がける両外国人が戦力になった辺りからムードが変わってきました。首位を快走する原巨人を止めるのは阪神だけかもしれません。

リーグ屈指の先発陣

 開幕後の12試合は2勝10敗のどん底…。通常の143試合ではなく、120試合制のペナントレースにおいて、開幕ダッシュこそが優勝への絶対条件と書いてきました。そういう意味では全くもってダメダメのスタートを切った矢野阪神でしたが、どっこい7月4日の広島戦(マツダ)から大逆襲に転じました。その後の16試合を驚異の12勝3敗1分け。本拠地の甲子園球場でも9勝3敗1分けという“地の利”を生かした戦いで借金8からアッという間に貯金1(記録はすべて24日現在)に…。これほどの大逆襲は、長く阪神を見てきた私でも、あまり見たことがないですね。

 好調に転じた要因はさまざまあるでしょう。まず先発投手陣の安定。5試合に先発した青柳は4勝1敗で防御率は1・80。同じく5試合に先発の西勇も2勝1敗で防御率は1・98。5試合先発の岩貞も2勝1敗で防御率は3・54。まだ未勝利のガルシアも防御率は4・08でリーグ11位。先発ローテを守っています。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ