PR

ニュース プレミアム

注目度急上昇ローカル5G 非接触で工場運営、学校も期待

ローカル5Gの環境が整備されるひびき精機の新工場=山口県下関市(NTT西日本提供)
ローカル5Gの環境が整備されるひびき精機の新工場=山口県下関市(NTT西日本提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、工場や商業施設などの限定エリアで第5世代(5G)移動通信システムを利用できる新技術「ローカル5G」への関心が高まっている。5G環境を迅速に整備でき、超高速、大容量通信で機械の遠隔操作や社員の連携など、「非接触」での事業継続が可能になるためだ。ローカル5Gの利用は欧州を中心に海外が先行しているが、政府も巻き返しに本腰を入れつつあり、今後の普及に期待が高まっている。(黒川信雄)

コロナ禍でのニーズつかむ

 「山口県との連携協定を発表して以降、連日のように問い合わせが来ている」

 NTT西日本でローカル5G事業に携わる貝野宏至担当部長はこう手応えを語る。現在、60あまりの案件が動いているという。

 NTT西は4月、ローカル5Gの活用を通じ、労働人口の減少や自然災害対策などの問題解決を目指す連携協定を山口県と結んだ。目玉は、ロケット部品製造などを手がける「ひびき精機」(同県下関市)との「スマートファクトリー」実現に向けた協業だ。

 スマートファクトリーとは、高度な通信技術を活用し、生産効率を高めた次世代工場のこと。NTT西は、ひびき精機が6月末に開設した新工場にローカル5Gの通信環境を整備。4Kカメラと人工知能(AI)を活用した高度な遠隔監視や、現場の作業員が装着する「スマートグラス」から得られる情報をもとに遠隔で作業を指示するなどの実験を進める。

 この取り組みは、新型コロナの感染拡大で従業員同士の接触を避けながら工場の操業や事業の継続を図りたい企業のニーズにマッチするため、NTT西には連日、企業などからの問い合わせが相次いでいる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ