PR

ニュース プレミアム

【衝撃事件の核心】大麻密売装って客の大学生に暴行、弱み狙った少年強盗団

 深夜の公園を訪れた男子大学生。目的はネット上で見知らぬ相手と約束した大麻の購入だった。犯罪に手を染める後ろめたさと違法薬物への興味をともに抱きながら、取引相手に金を渡すと-。6月、大阪府警が強盗致傷容疑で逮捕した17~18歳の少年5人は、SNS(会員制交流サイト)に薬物の密売をにおわせる文言を投稿。応じた相手に暴行を加えて現金を奪っていた。「警察には通報されないと思った」と少年たち。しかし、世の中はそんなに甘くなかった。

血まみれに…

 「お酒より楽しくなるものいりませんか」

 大阪府内に住む男子大学生(23)は昨年9月、SNS上でこんな書き込みを見つけた。違法薬物の売買を持ち掛けていると分かり、興味本位でメッセージを送信。何通かやりとりし、数日後に大麻5グラムを買う約束をした。

 同月23日午前0時。大学生が指定された同府東大阪市内の公園に到着すると、若い男2人の姿があった。約束通り3万円を手渡し、大麻を受け取ろうとすると、1人がスプレーを顔に噴射してきた。

 目に激痛が走り、なんとか逃げようとしたが、物陰に隠れていた別の若い男3人も加勢。鉄パイプで頭などを複数回殴りつけられ、血まみれになった大学生は「財布を渡すからやめてくれ」と懇願し、現金約5万円が入った財布を男らに差し出した。

“逃げ”と“叩き”

 発生から約9カ月が経過した今年6月、府警は強盗致傷容疑で、17歳と18歳の男子高校生ら少年5人を逮捕。実際には販売する大麻は持っていなかったとみられる。

 府警によると、犯行にあたり少年らが参考にしたのは、SNS上に投稿されていた「逃げ」と「叩(たた)き」という手口だった。SNSで大麻の密売人や購入希望者に接触し、大麻や現金を受け取ってすぐ逃げるのが「逃げ」、相手に暴行を加えて現金や大麻を奪うのが「叩き」とされる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ