PR

ニュース プレミアム

「松坂世代」初の名球会目前で2軍落ち、阪神・藤川もう不惑

その他の写真を見る(1/2枚)

 プロ野球阪神タイガースで今季も抑えを担うはずだった藤川球児投手(39)が、不調に苦しんでいる。名球会入りの条件となる日米通算250セーブまであと「5」と迫りながら、救援失敗が重なり、2軍落ちとなった。年齢からくる衰えなのか、それとも復活はあるのか。「火の玉ストレート」で鳴らした希代のストッパーは21日、40歳の誕生日を迎える。 (上阪正人)

防御率15・75

 打球の行方を見届けると、呆然としたようにしばし立ち尽くした。

 本拠地・甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われた11日の横浜DeNAベイスターズ戦。2-1と1点リードして迎えた九回、マウンドに上がった藤川は先頭打者を打ち取ったものの、続く打者は四球。桑原将志外野手に直球をセンター前へ運ばれると、後逸もあってあっさり同点に追いつかれてしまう。3番ネフタリ・ソト内野手には左中間席へ勝ち越し2ランを許し、降板となった。

 この試合だけではない。今季はここまで5試合に登板して2セーブを挙げているが、防御率は15・75。無失点に抑えたのは1試合だけで、6月25日の東京ヤクルトスワローズ戦でも逆転サヨナラ3ランを浴びている。

 DeNA戦翌日の12日、藤川の1軍の出場選手登録抹消が発表された。「大事なポジションなだけに、今の状態ではチームの力になれない」。球団を通じて出された藤川のコメントには、無念さがにじみでていた。

メジャーでもプレー

 藤川は高知商高から平成10年のドラフト会議で1位指名を受け、阪神に入団。当初は先発投手として育成されたが、中盤以降に球威が落ちる課題もあってなかなか芽が出なかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ