PR

ニュース プレミアム

宇都宮の専門学校が「eスポーツ学科」新設 来年度、市場成長 栃木国体プログラム化も

新設される「eスポーツ学科」のオープンキャンパスで、ゲーム操作を学ぶ参加者=4日、宇都宮市大通りのTBC学院宇都宮本校(根本和哉撮影)
新設される「eスポーツ学科」のオープンキャンパスで、ゲーム操作を学ぶ参加者=4日、宇都宮市大通りのTBC学院宇都宮本校(根本和哉撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 TBC学院宇都宮本校(宇都宮市大通り)は令和3年度、「eスポーツ」を学ぶ専門学科を新設する。世界的には高額賞金を稼ぐプロゲーマーが存在するなど市場拡大が続くeスポーツ。国内での認知はまだ低いが、プロゲーマーだけではなく、ゲーム開発者も育成することで、市場拡大や地域振興を下支えしていく考えだ。(根本和哉)

職業としての夢

 今月4日、同校で行われたeスポーツ学科のオープンキャンパスには、ゲーム業界への就職を考えている若者が集まっていた。模擬授業で取り上げたのは対戦格闘ゲーム「ストリートファイターV」。国際大会も開かれる日本が生んだ人気ゲームだ。

 参加者はキャラクターの操作方法や必殺技の出し方を講師に教わりながら、効率的な相手の倒し方を学ぶ。参加した同県下野市の高校3年生、溝口千颯(ちかぜ)さん(17)は「将来はゲームに関する仕事がしたい。入学して技術を学び、自分のプレー動画を配信してみたい」と夢を語る。

広がる市場

 eスポーツは「エレクトロニック・スポーツ」の略称で、コンピューターゲームやテレビゲームでの対戦をスポーツとして捉える。国際的にはeスポーツのプロゲーマーは尊敬を集める職業の一つとして認知されている。

 優勝賞金が日本円換算で1億円以上、中には10億円以上という大会が欧米や中国で開催されている。また、自身がゲームをプレーする様子をインターネットで配信し、視聴者からの投げ銭や広告収入で生活する「ストリーマー」も人気を博している。

 世界全体のeスポーツの市場規模は2019年で約1千億円とされ、特に欧米や中国の規模が大きいという。日本市場は昨年が約60億円にとどまるが、3年後には約150億円に上るとの予想もある。また、ゲーム開発者やイベント運営者などeスポーツ業界の仕事の裾野は広がる。

 オランダの調査会社「Newzoo」は、世界全体でのeスポーツの市場規模について、2020年に約1200億円、2023年には約1700億円に到達すると予測している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ