PR

ニュース プレミアム

夫婦死亡の放火、被告は「キツネにつままれた…」と語った

放火された佐々木良雄さん夫婦の自宅=大阪府熊取町小垣内
放火された佐々木良雄さん夫婦の自宅=大阪府熊取町小垣内

 大阪府熊取町の民家に火を放ち、高齢夫婦を死亡させたとして、現住建造物等放火などで起訴された男の裁判員裁判が7月、大阪地裁で開かれた。当時の状況を問われ、「よく覚えていない」「キツネにつままれたような感じ」と述べた男。弁護側は認知症などの影響を主張したが、何の落ち度のない夫婦を奪われた遺族の怒りは激しかった。「殺されたも同然」「極刑を」。遺族が厳しい言葉を放った法廷で、地裁が下した判断は-。

師走に起こった深夜の火災

 平成30年12月6日未明、大阪府熊取町。一軒家や田畑が点在する静かな町に、救急車のサイレンが響き渡った。

 木造平屋建ての住宅が一部焼損し、就寝中だったとみられる佐々木良雄さん=当時(80)=と妻の勝子さん=同(74)=が亡くなった。死因は一酸化炭素中毒。良雄さんは約20年前に患った脳出血の後遺症のため体が不自由で、勝子さんらが介護していたという。

 出火場所とみられる住宅脇のガレージには火の気がなく、捜査を進めた大阪府警は約2カ月後、近くに住んでいたことのある無職の谷口正一被告(69)を逮捕。「むしゃくしゃして火を付けた」。当時は容疑を認めていた。

 被告は鑑定留置を経て、現住建造物等放火や重過失致死などの罪で起訴され、今年7月、大阪地裁で裁判員裁判が開かれた。

食い違う主張

 「よく覚えていない」「知らん間に」「キツネにつままれたような感じ」

 なぜガレージで火をつけたのか、住宅に燃え移るとは考えなかったのか。検察側の追及に、被告はあいまいな答えを繰り返した。

 公判で示された証拠によると、被告は事件当時、駅前のトイレで寝泊まりしていた。事件の日、佐々木さん宅の近くを通りかかり、持っていたライターでガレージ内の新聞紙などの可燃物に火をつけた後、その場を立ち去ったという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ