PR

ニュース プレミアム

板がないかまぼこ、四角に丸い焼き目「なんば焼」の魅力 

ズラリと並んだできたてのなんば焼=和歌山県田辺市のたな梅本店
ズラリと並んだできたてのなんば焼=和歌山県田辺市のたな梅本店
その他の写真を見る(1/6枚)

 一風変わった板なしかまぼこが和歌山県中部で綿々とつくられている。白い正方形で、真ん中に丸く大きな焼き目が入った「なんば焼(やき)」だ。老舗の製品は直径10センチを超え、弾力ある歯ざわりが特徴。かまぼこは板付きが定番で、板には水分を除くなどの役割があるが、なくてもおいしいかまぼこができるという。製造するのは十数業者のみ。県外にはあまり出回っていないが、独特の外観と味わいを愛する人は少なくない。

(張英壽)

板付きは安土桃山から

 全国の約600業者が加盟する日本かまぼこ協会によると、かまぼこに板がついたのは、安土桃山時代からとされる。板は、成形しやすいという利点のほか、蒸したり冷やしたりするときに、余分な水分を吸う効果もある。

 板付き以前は現在のちくわのように棒にすり身を巻いて焼いた形で、植物の蒲(がま)の穂に似ており、蒲の穂が鉾(ほこ)のようだったため、蒲鉾(かまぼこ)と呼ばれるようになったという。

 昭和50年発行の「かまぼこの歴史」(清水亘著)によると、古文書の「類聚雑要抄(るいじゅざつようしょう)」に、平安時代の1115年の祝宴に出されたかまぼこの図があり、串に巻かれたようなかまぼこが描かれている。

 日本のかまぼこは地方ごとに特色ある製品がつくられているが、小田原かまぼこに代表されるように板かまぼこが一般的だ。板なしの製品はなんば焼のほか、仙台名物の笹かまぼこや、コンブを巻き込んだ富山県の巻きかまぼこなどがある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ