PR

ニュース プレミアム

コロナで大打撃のうちわ 逆転の7万本プロジェクト

 新型コロナウイルスの感染拡大が、夏に付き物のうちわに“打撃”を与えている。イベントや祭りの中止が相次いだほか、広告や販売促進用の需要も落ち込んだためだ。こうした状況で、うちわの生産量日本一を誇る香川県丸亀市が着目したのは、感染予防のための「新しい生活様式」だ。

リーマン・ショック超える苦境

 「例年に比べて注文が7~8割減った。リーマン・ショックの時期を上回る深刻な事態」。県うちわ協同組合連合会の山田時達(ときさと)会長は危機感をあらわにする。

 毎年6月中旬~7月末はうちわ製造のピークだが、今年は新型コロナの影響で、各地のイベントや祭りが中止に追い込まれ、注文が激減。企業活動にも影を落とし、広告や販売促進用のうちわの注文も大きく落ち込んだ。

 さらに、うちわの配布に適した人が集まる場所は避けられがちになり、感染症の収束時期も見通せない。各社は「来年になっても元の状況に戻るだろうか」と頭を悩ませる。

 そうした中、地場産業を後押ししようと同市が打ち出したのが、感染予防のための「新しい生活様式」を周知するうちわを配布することだった。

「3密」回避、換気、手洗い

 「イベントの中止で打撃を受けた地場産業を支援したい」。6月30日の定例記者会見で、うちわを手にした同市の梶正治市長はこう語った。

新しい生活様式をPRするうちわ
新しい生活様式をPRするうちわ
その他の写真を見る(1/2枚)

 うちわでは「3密」を避けることや、換気やせきエチケット、手洗いといった感染予防策を紹介。エアコンを使っていない時などは、うちわであおいで体温を下げ、熱中症を防ぐよう促す。小さな文字で「生産量日本一」もPRする。

 子供向けのうちわには、疫病退散に御利益があるという妖怪「アマビエ」のイラストをあしらい、マスクをつけ友達との距離を確保することや、換気中や暑い時はうちわを使おうと提案。「みんなでまもろう」と呼びかける。

 市は同連合会に依頼して計7万本を用意し、市内の幼稚園や保育所、小中学校、高齢者施設に3万3千本を配布。親善都市や友好都市に送付するほか、各地の祭りやイベントの主催者に2万5千本を無料で提供する計画を打ち出した。

金毘羅参りの土産物

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ