PR

ニュース プレミアム

“CIA機密文書”も 国内唯一? 福島にUFO情報展示施設

緑豊かな山道で道案内してくれるのは宇宙人=福島市(芹沢伸生撮影)
緑豊かな山道で道案内してくれるのは宇宙人=福島市(芹沢伸生撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 6月17日朝、宮城、福島両県などで上空を漂う白い物体が目撃され「UFO(未確認飛行物体)か?」と、日本中がざわついたのは記憶に新しい。このような情報が流れると、その正体について問い合わせが集中する施設が福島市にある。「UFOふれあい館」。そこには、UFOの調査記録をまとめた900ページを超える「CIA機密文書」をはじめ、数千点のUFO関連資料が集められている。関係者は「国内で唯一、UFO情報を集めた施設」と説明する。(芹沢伸生)

宇宙人に導かれ

 福島の市街地から国道114号を南東へ。少しすると景色は住宅街から緑豊かな山あいに変わる。山道を10キロ余り走ること約15分。少し怪しそうな「UFOの里」の看板が目に入った。国道を外れしばらく坂を上ると、今度は宇宙人の道案内。いよいよ怪しい。その先には、山腹に着陸したUFOのような正八角形の建物が鎮座していた。

 ここ「UFOふれあい館」(福島市飯野町)は、平成4年にオープンした公共の施設。昭和63年、竹下内閣が全国の自治体に一律1億円を交付した「ふるさと創生事業」をきっかけに、当時の飯野町が作った。平成20年に福島市と飯野町が合併した後は福島市の施設となった。現在は委託を受けた飯野町振興公社が運営している。

数多い目撃談

 なぜ、UFOなのか。この施設は千貫森(せんがんもり)と呼ばれる標高462メートルの山の中腹にある。千貫森は、どの方向から見てもきれいな円錐(えんすい)形に見えるのが特徴だ。小雨が降る中、登山道に入ると、時折吹き抜ける風が木々の葉を揺らしていた。葉がこすれる音であたりがざわめき、不思議な感覚に陥る。

 こんな神秘的な雰囲気のためか、千貫森には「人工的に造られた古代のピラミッド」との説があった。また、地質が磁気を帯び、方位磁石が役に立たなくなるとの話もあり「UFOの基地」と、全国的に注目を集めた時期もあったという。一帯では未確認飛行物体の目撃談も多いという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ