PR

ニュース プレミアム

【ニュースを疑え】通勤している暇はない、一過性テレワークなら「日本沈没」大内伸哉・神戸大院教授

 新型コロナウイルス感染対策として多くの企業が在宅勤務などのテレワークを導入した。一過性なのか、「新しい日常」として定着するのか。神戸大の大内伸哉教授は人工知能(AI)の進歩などによる産業構造の転換にテレワークを位置付け、「一過性で終われば日本は沈没する」と警鐘を鳴らす。会社に通勤するという当たり前のスタイルは、歴史の曲がり角を迎えつつあるという。(聞き手 坂本英彰)

おおうち・しんや=AIの活用やテレワークなど新しい働き方の拡大に伴う政策課題を研究している。オンラインでインタビューした(坂本英彰撮影)
おおうち・しんや=AIの活用やテレワークなど新しい働き方の拡大に伴う政策課題を研究している。オンラインでインタビューした(坂本英彰撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 --接触を避ける緊急避難的に広がったテレワーク。今後はどうなりますか

 「一過性では終わらないとは思います。単に会社でしていた仕事を在宅でするというだけではなく、場所や時間にこだわらない自立したテレワーク的な働き方が、いま起こっている産業構造の大転換と密接に結びついているからです。だからもし一過性で終息するようなことになれば、日本はおしまい。古い生産体制や技術体制にこだわりがなくしかも勢いのあるアジアの国々に、取り残されていくことになるでしょう」

 「そもそもテレワークは、1970年代にアメリカで情報通信機器の発達に伴って出てきました。日本では1990年代から徐々に入ってきましたが極めて少数のままでした。多くの企業は業務体制を見直してまで推進しようとしてこなかった。適した仕事がなかったこともあるのかもしれませんが、必要性を感じていなかったことが主たる理由でしょう。いまはコロナ対策で取り組んでいますが、歴史的なスパンで現象を見ると別の側面が浮かんできます」

 --どういうことですか

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ