PR

ニュース プレミアム

コロナ禍で始まった「体操界のユーチューブ進出」

 ユーチューブを始めるか否かは個人の自由意思であるべきだし、その動機もそれぞれでいい。彼ら彼女らは体操という競技や選手個人の魅力発信を目指しているが、武田は初回の動画で「憧れられたい」と率直な胸の内も明かしている。

 他のSNSと同様、ユーチューブは「他人が評価する世界」であり、かつチャンネル登録者数や視聴回数が数字で出る「見える世界」だ。違いがあるとすれば、短文投稿などより動画の編集・制作に手間が掛かるというところだろうか。また、競技別という側面から見れば、体操は野球やサッカーなどプロ競技と比べ、既存ファンは多くない。この点は、数多く視聴されるコンテンツを継続して発信していく際の一つのポイントとなりそうだ。

 岡は「僕は競技とユーチューブは別物だと思っている。やっていて楽しいからやる」と言い、武田は「ユーチューブで名前が知られて体操がダメだときつい。体操も勝手に頑張れると思う」と話す。

 競技力にはどんな影響が出てくるだろう? 自身と周囲にどんな価値を創出できるか? 新たな挑戦に興味は尽きない。(運動部 宝田将志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ