PR

ニュース プレミアム

【ビジネス解読】コロナ禍で3D葬儀 老舗葬儀会社の生き残り戦略

3Dホログラムスクリーンにより故人の思い出の写真が立体的に映し出された
3Dホログラムスクリーンにより故人の思い出の写真が立体的に映し出された

 新型コロナウイルスの感染拡大を機に、葬儀業界で葬儀のデジタル化が進んでいる。密閉、密集、密接を避けるためオンライン葬儀を提案したり、僧侶に代わってロボットによる読経を用意したりした。故人をしのぶ葬儀のデジタル化に抵抗はあっても、超高齢化や核家族化の進行で需要は高まっていきそうだ。

 創業100年超の葬儀専門会社、永田屋(神奈川県相模原市)は3月、「小さな家族葬ハウス 町田木曽」(東京都町田市)を開設した。ここで活躍しているのは、冠婚葬祭業界で初めてという3D装置だ。

 ライブイベントなどの舞台演出として使用されているもので、故人の思い出の写真や動画を3Dホログラムスクリーンとプロジェクションマッピングにより立体的に映し出す。まるでそこに浮いているかのような臨場感あふれる映像に、参列者は涙ぐみ、感情を高ぶらせるという。

 4代目の田中大輔代表取締役は「従来の葬式ではかなえることができなかった故人のパーソナリティーを存分に表現できる。『世界にたった一つのお葬式』として、その人らしい別れの空間をつくり出せるので遺族は100%満足する」と言い切る。

 「もう一度見たい」といって葬儀後の食事中に写真や映像を流したり、感染防止や遠方のため参列できなかった知人・友人とのお別れの会で使ったりするという。

 葬儀業界をめぐっては、高齢化による死亡者数の増加傾向で市場は拡大するとの見方から異業種からの参入が相次ぐ。しかし、団塊世代以降は、少子化による人口減少で縮小は避けられない。価格も競争激化に加え、家族葬や通夜なしの1日葬、火葬のみの直葬といった小規模化・簡素化により下落基調にある。このため、顧客を獲得できない葬儀会社の淘汰(とうた)が進むとみられる。コロナ感染の蔓延(まんえん)で倒産に追い込まれた葬儀会社も出ている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ