PR

ニュース プレミアム

相次ぐ助成金不正 「性善説」で進むコロナ支援も標的

その他の写真を見る(1/2枚)

 非正規労働者の待遇改善を支援する国の助成金をだまし取ったとして、経営コンサルタント会社の男らが4月までに大阪府警に摘発された。男らはセミナーで「労せずお金をもらえる制度がある」などと勧誘。3年余りで計約1億3千万円を詐取していた。背景にあるのは、非正規労働者の待遇改善に対する注目の高まりと、それに伴う申請数の急増だ。最近は新型コロナウイルスの感染拡大に伴うさまざまな給付金や貸付制度が設けられており、警察当局などはこれらの不正受給にも警戒を強めている。

研修してないのに…

 「コンサルを受けたらお金をもらえます」。コンサル会社顧問の30代の男らは数年前から、セミナーに集まった接骨院の事業主らにこんな誘いをかけていた。だが、実際に事業主らに持ち掛けていたのは、公金詐取への協力だった。

 狙われたのは非正規労働者の待遇改善を目的に平成25年に創設された厚生労働省の「キャリアアップ助成金」制度。非正規労働者への賃金を増やしたり、健康診断を行ったりした事業者に国が助成金を支給するというものだ。

 男らはこの制度で、職業訓練を実施した事業者に最大500万円が支給されるという項目(30年度からは別の制度と統合)に注目。接骨院やクリーニング店といった小規模事業主らに対し、実際には実施していない研修を雇用している非正規労働者に行ったと申請書類に記入するよう指示した。助成額水増しのため、休眠会社の名前を使ったり、知人を従業員と偽ったりして大阪労働局に申請させることもあったという。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ