PR

ニュース プレミアム

【原坂一郎の子育て相談】ジュースばかり飲む3歳の息子

 未就園の3歳の息子がいるのですが、ジュースを与えてから、お茶を飲まなくなり困っています。「ご飯の時はお茶」と言い聞かせ、食事中はしぶしぶ飲んでいますが、それ以外はジュースだけです。一時期は牛乳でごまかしていましたが、それも効かなくなり、飲むヨーグルトに変えるとおなかを壊してしまいました。歯磨き後はお茶しか飲まないので助かっています。これから暑くなるので水分も重要ですし、糖尿病も心配です。

 100%のジュースはビタミンも豊富で体にもいいのですが、糖分が多いのと、お茶や牛乳を飲まなくなることがあるのが欠点です。そうなってしまった典型例のようですね。

 糖尿病が心配になるほど飲むようですが、与えているのはあなたですよね。ジュースを減らせるかのカギを握っているのもあなたです。もしも本当にジュースを減らしたいのならば、作戦を立てましょう。

 お茶が飲めないわけではないようですので、麦茶、ほうじ茶、と、いろんなお茶を与えてみましょう。少しでも本人の口に合うお茶を探すのです。ときには氷を入れると喜んで飲むかもしれません。ヨーグルトがダメでも牛乳はOKなら、牛乳に少しだけ砂糖を入れるという方法もあります。牛乳は幼児には必須なので、体が受け付けないお子さんでない限り、保育園では毎日飲ませています。その他、ミネラルウオーターも常備し、水分として与えてください。

 ジュースを急にゼロにするのもかわいそうなので、何かのご褒美にしたり、1日の中で特別なときに飲めるもの、という位置づけにしたりしてみてはいかがでしょう。歯磨きのあとはお茶しか飲まないという、ケジメのつけられるお子さんのようなのでうまくいく気がします。やはり、最終的にはあなた次第です。 

 なんだかんだ言いながら、子供が望むことをしてあげるのがあなたを含めて、お母さんのいいところです。その優しさは、ぜひ持ち続けてくださいね。

(こどもコンサルタント)

原坂一郎 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演を行う。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士。

 子育てに関する悩みをお寄せください。原坂一郎先生が回答します。〈メール〉life@sankei.co.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ