PR

ニュース プレミアム

タイガーは不在も 米男子ツアー91日ぶり再開 国内開催は見通し立たず

 しかし、これが「ウイズ コロナ」時代のゴルフの在り方なのかもしれない。世界ランク4位のジャスティン・トーマス(米国)は無観客でのプレーに「違和感はある」としながらも「ゴルフがさらに成長する機会。普段見ない人も楽しんでほしい」と前向きに捉えたようだ。

 一方、国内ツアーに目を移せば、緊急事態宣言が解除され女子ツアーは6月25日からのアース・モンダミン・カップ(千葉・カメリアヒルズCC)で開幕することが決まったが、男子ツアーは開催の見通しは立っていない。

 4月16~19日に開催予定だった国内初戦「東建ホームメイト・カップ」(三重)以降、中止が続いている。7月の「ゴルフパートナー・プロアマ」(茨城)が賞金ランキングに加算されない非公式大会になり、8月27日開幕の「RIZAP・KBCオーガスタ」(福岡)の中止も決まった。6月12日時点、直近は8月20日開幕の「長嶋茂雄招待セガサミー・カップ」(北海道)だが、開催か否かは正式にアナウンスされていない。

 “黄金世代”の活躍で注目を集める女子ゴルフと対照的に、男子はその影がますます薄くなりつつある。

(運動部 江目智則)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ