PR

ニュース プレミアム

【志らくに読ませたい らく兵の浮世日記】金は天下の回りもの

らく兵
らく兵

 昨日、給付金の申し込みを済ませました。特別定額給付金。ようやっと緊急事態宣言が明けたとはいえ、以前通りに落語会を開催していくにはまだまだ厳しい状況。そこに10万円の給付を頂けるんですから、ありがたいものです。

 全国1億2千万人に10万円ずつとして、ざっと見積もって12兆円。すごい額ですね。誰がくれるんでしょうか。あしながおじさん? 日本列島をひとまたぎするレベルです。足が長すぎる。違うな。

 国債を発行するんだそうですね。国債。大師匠の立川談志の戒名が「立川雲黒斉家元勝手居士」というんですが、ぜんぜん関係ないですね。何やら国債というのは主に日銀が買って、そのために新しくお札を刷るんだそうで。それを何十兆規模でやろうと言うんですから、スケールの大きな話です。

 今後、その支出した分を増税で補っていくのか、というのも議論になっていますね。どうなるんでしょう。こういう経済危機や不景気の時には、増税せずに経済成長によって税収を増やしていく、という考え方もあるようです。そのためには財政政策と金融政策の二本の柱が大切で、そもそも日本の国債は利回りが低いのに人気がある、ということは、いかに日本の財政が健全で信頼に足るかということをですな…。

 あ。大丈夫です。自分で書いてて意味は分かっていません。

 つまりは不景気の時こそお金の流れを良くして、国を支えていこうということでしょう。言ってみれば、お金というのは国にとって血液みたいなもので、不景気の時には輸血して血の巡りを良くしよう、ということなんでしょうか。今回の給付金みたいに。

 もちろん景気が良くなりすぎて過熱したときには、増税などで市場のお金を減らしてバランスをとるんでしょう。なんにしても議員さんとか日銀とか学者さんみたいな、偉い人たちのおかげで日本の経済がグルグル回ってるんですね。

 そこへいくと落語に出てくるのはいい加減な連中ばかり。お金をめぐる噺はいくらもありますが、なかでも「持参金」という演目があります。ある男のところに知り合いの番頭さんがやってくる。借金の取り立てだ。

 「どうしても急に三十円が入り用になった。返してもらいたいんだけど」

 「いま手元にお金がありません。明日までに用立てします」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ