PR

ニュース プレミアム

他人と接触ゼロ、究極の「映画館」そのままレンタル

最新の設備がそろう「ならまちシアター青丹座」=奈良市
最新の設備がそろう「ならまちシアター青丹座」=奈良市
その他の写真を見る(1/3枚)

 大きなスクリーンで映画を見たい。でも、人との接触は極力減らしたい。そんな人にぜひおすすめしたいのが、奈良市にあるレンタル映画館「ならまちシアター青丹座(あをにざ)」だ。館内の利用は時間ごとの貸し切り制(一定時間に1組の利用)で、基本的にインターネットで予約。誰にも会うことなく、まるでホームシアターのように鑑賞できるのが魅力だ。(桑島浩任)

 全国で緊急事態宣言が解除され、6月から映画館を含む多くの商業施設が再開している。しかし、新型コロナウイルスの脅威が去ったわけではなく、他人との接触は避けたいと考える映画好きも少なくないだろう。

 青丹座は、自分の好きなDVDやブルーレイを持参して上映・鑑賞できる全国でも珍しい少人数用のレンタル映画館。利用時間は午前10時~午後10時半を4ブロックに分割し、1ブロック1組のみの利用となる。

 ネットで予約すると、メールで入り口の暗証番号が送られてくる仕組みで、受け付けも無人。新型コロナウイルスの影響で、利用は当面1日1組に制限している。

 人と接触せずに映画を見たい人にはうってつけのサービスだが、映画の視聴環境が満足のいくものでなければ意味がない。実際に行って確かめてみた。

 近鉄奈良駅から南に約600メートル。商店街の一角に青丹座はある。入り口で暗証番号を入力して中に入ると、すぐにシアタースペースが広がる。二重扉を閉めると、外の光や音が完全に遮断され、映画への没入を妨げる心配はない。12席あるリクライニングソファはレイアウトが自由に変えられ、個々のベストポジションで視聴できる。照明や機器がすべてタブレットで操作できるのもうれしい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ