PR

ニュース プレミアム

山梨の疱瘡神社、新型コロナで脚光 秘宝の「婆さん」ご開帳

特別に撮影が許された疱瘡神社の秘宝「疱瘡婆さん」の神像=山梨県上野原市上野原(渡辺浩撮影)
特別に撮影が許された疱瘡神社の秘宝「疱瘡婆さん」の神像=山梨県上野原市上野原(渡辺浩撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルス感染拡大の中、山梨県上野原市の疱瘡(ほうそう)神社が注目されつつある。疱瘡とは、20世紀まで人類を苦しめた天然痘のこと。神社はその天然痘よけの神「疱瘡神」を祭っている。神社を支えている地元の人たちに歴史をうかがうとともに、普段は公開されていない秘宝「疱瘡婆(ばあ)さん」の神像を特別にご開帳してもらった。(渡辺浩)

江戸初期の創建

 疱瘡神社はJR中央線上野原駅から歩いて20分の、旧甲州街道沿いにある小さな社。神職はおらず、地元・塚場地区の人たちが維持している。長老の諸角弘さん(94)によると、次のようないわれがある。

 江戸初期、疱瘡神を祭る神社がある越前・湯尾(ゆのお)峠(今の福井県南越前町)出身で諸国を巡っていた高齢女性が塚場地区で倒れた。天然痘の跡が残るあばた顔で、「疱瘡神を祭れば、必ず疫病から逃れられる」と言い残して亡くなった。女性は疱瘡婆さんと呼ばれた。

 人々は湯尾峠まで行って疱瘡神の分霊を迎え、万治4(1661)年に塚場地区に疱瘡神社をつくった。神社に残る木札には「その後、村が栄えた」という記述がある。

 明治5年、神社を近くの牛倉神社の中に移したところ、塚場地区に赤痢が流行した。「たたり」だとして、3年後に元の場所に戻された。

高さ15センチの木像

 「実は疱瘡婆さんの神像がいつからあるのか、よく分かっていないのです。当初からあったと思うのですが…」。諸角さんはそう言いながら、特別に神像を見せてくれた。

 高さ15センチの木像。深いしわが刻まれ、柔和な顔をしている。ご祭神はあくまで疱瘡神で、疱瘡婆さんではないが、事実上のご神体になっている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ