PR

ニュース プレミアム

【衝撃事件の核心】コロナへの不安心理が招いた健康食品の誤解と理解不足

大阪府警が押収したタンポポ茶のチラシ。「新型コロナウイルスに有効」と宣伝していた=府警本部
大阪府警が押収したタンポポ茶のチラシ。「新型コロナウイルスに有効」と宣伝していた=府警本部
その他の写真を見る(1/2枚)

 ビタミンD、乳酸菌、マヌカハニー、納豆、緑茶、タンポポ茶…。いずれも「新型コロナウイルスを予防できる」とうたわれ、話題になった食材や食品だ。便乗して予防効果を宣伝する健康食品も次々と登場し、警察当局が薬局を摘発したり、国が「根拠のあるものはない」と注意喚起したりする事態となった。こうした“騒動”の背景について、専門家が指摘するのは健康食品への理解不足だ。(西山瑞穂)

 「新型コロナウイルスにも有効性が期待できます」。大阪府警は4月、このように宣伝してタンポポ茶を販売したとして、医薬品医療機器法違反容疑で薬局とペットショップの経営者らを書類送検した。同法では、患者への治験を踏まえて厚生労働省が承認した医薬品でなければ、病気への効能・効果をうたうことはできないからだ。

 違法宣伝容疑で摘発に踏み切ったとはいえ、府警はタンポポ茶の効果自体を評価したわけではない。このペットショップの男性経営者(81)は産経新聞の取材に違法宣伝を謝罪した上で、「タンポポ茶がウイルスに効くことは有名な研究者も認めている。長年信じて飲んでいるおかげで、ほとんど体調を崩したことはない」と強調した。

生活習慣改善が目的

 食材としてのタンポポにはあまりなじみがないものの、体によいとされる食品は昔から“生活の知恵”として食習慣に取り入れられてきた。そうした「食の力」は否定されるものではないが、対象が特定の病気となると話は別だ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ