PR

ニュース プレミアム

【日曜経済講座】欧州で進むキャッシュレス化 社会的弱者への打撃やサイバー攻撃のリスクも ロンドン支局長 板東和正 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため使用禁止となったロンドン市内のATM(AP)
新型コロナウイルス感染拡大防止のため使用禁止となったロンドン市内のATM(AP)

 新型コロナウイルスの感染が拡大した欧州でキャッシュレス化が進んでいる。ウイルスが付着した紙幣が感染を媒介する恐れがあるとの見方が広がったことで、ATM(現金自動預払機)の利用額は大幅に減少。金融当局は感染拡大防止策の一環としてキャッシュレス決済の普及を後押ししている。ただ、キャッシュレス化には現金払いにいまだに頼る低所得者ら社会的弱者を置き去りにする危険性やサイバー攻撃のリスクがあるとも指摘されている。

 英国のATM運営団体「リンク」によると、3月下旬の国内のATM利用額は前年同期比で62%減少した。英国では3月23日から感染拡大を受けた外出制限が始まっており、外出を控える「巣ごもり消費」でインターネット通販を利用する国民が増えたことが一因とみられる。

 また、現金に触ることで感染リスクが生じることを恐れる国民が多いこともATM利用額減少の要因だとされる。ロンドンに住む男性(44)は「外出制限が緩和されても、現金を使うつもりはない」と打ち明ける。リンクのジョン・ハウエルズ最高経営責任者(CEO)は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に「ATMの利用額が元の水準に戻ることはなさそうだ」とした上で、ATMの設置台数が今後30~40%程度減ると予測した。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ