PR

ニュース プレミアム

プール離れに待った! トップスイマーのオンライン指導が充実

 脳神経内科の医師と対談し、外出自粛中でのストレス解消法を聞いたり、心理学の専門家に自宅でできるメンタルトレーニングの方法を聞いたり。中でも反響が大きかったのが、競泳男子200メートル平泳ぎの元世界記録保持者、山口観弘(志布志DC)との技術対談だ。

 きっかけは競泳界のエース瀬戸大也が、自宅の庭に設置した専用プールで腰にチューブをつけ、自由形と平泳ぎを泳いでいる動画をまねした子供たちの動画だ。体力がないため、チューブの強い反発力によって、泳ぎが大きく崩れていた。4泳法の中でも特に平泳ぎは、重心移動のタイミングが難しく、泳ぎのバランスが崩れると修正にも時間がかかるとされる。

 対談では、山口が平泳ぎのコツを伝授する形で、上半身と下半身の動きを連動させるテクニックや、実際に行っている練習方法、さらに自宅でできる筋トレなどを紹介。約800人が視聴していたライブ配信では、東京五輪を目指す現役コーチからもコメントが入るなど、反響の高さがうかがえた。

 男子平泳ぎで五輪2大会連続2冠の北島康介さんが設立したスイミングスクール「KITAJIMAQUATICS(キタジマアクアティクス)」や、競泳男子50メートル自由形日本記録保持者で現役の塩浦慎理(イトマン東進)も、「ユーチューブ」を活用した指導や情報発信を始めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ