PR

ニュース プレミアム

プール離れに待った! トップスイマーのオンライン指導が充実

競泳のオンライン指導を行っている2004年アテネ五輪競泳代表の森隆弘さん
競泳のオンライン指導を行っている2004年アテネ五輪競泳代表の森隆弘さん

 競泳界では、自宅にいながらトップ選手らの水泳指導が受けられるオンライン授業のニーズが高まってる。新型コロナウイルスの影響を受け、各地でプールが使えなくなってきた3月上旬、2004年アテネ五輪競泳男子個人メドレー代表の森隆弘さんはいち早く、動画投稿サイト「ユーチューブ」で「練習ができないときにやるべきこと」を配信し、再生回数が1万5000回を超えた。森さんは「(子供たちの)水の感覚はすぐに戻る」とした上で、「自宅でも心身を整え、イメージしておくことで水中での技術向上につながる」と話す。

 森さんは2008年に現役を引退後、慶応大水泳部のヘッドコーチを務め、11年からスポーツクラブなどで子供たちへの水泳指導を行っている。同時に12年からは、競泳界全体へ記録短縮のために必要なノウハウを伝えたいと、「ユーチューブ」にチャンネルを開設。約3万人の登録者は自身にとっての“教え子”と同じだ。

 コロナの影響で、利用していた各地のプール施設が閉鎖されていく現状を目の当たりにし、すぐさま以前公開した自宅でできる筋力トレーニング動画をリストアップして再投稿。合わせて力を入れたのが、有識者との対談企画だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ