PR

ニュース プレミアム

小池知事も試着 紙製フェースシールドの名は「オリガミ」

 新型コロナウイルスの感染拡大で医療用資材が不足する中、鳥取大医学部付属病院(鳥取県米子市)が県内企業と連携し、紙製フェースシールド「ORIGAMI(オリガミ)」を開発した。軽くて曇りにくいのが特徴で、折り紙のように手で折って使用する。使い捨てのため安全性も高い。プロジェクトチームは「感染防御のために多くの人に役立てばうれしい」と話している。

軽量、締め付けなく

 オリガミは鳥取大医学部付属病院のほか、同大発のベンチャー企業メディビート(米子市)、包装資材などを手掛けるサンパック(同県倉吉市)、ヤママスデザイン(同)が今年4月にプロジェクトを立ち上げ、共同開発した。

紙製のフェースシールドを着用する藤井政至助教=鳥取県庁
紙製のフェースシールドを着用する藤井政至助教=鳥取県庁
その他の写真を見る(1/4枚)

 ボール紙にポリプロピレンのフィルムを貼り付けた組み立て式で、顔面を覆って上下左右からの飛沫(ひまつ)を防ぐ。約30グラムと軽量の上、ゴムを使っていないため締め付けがなく、長時間装着しても痛みがないという。

 顔面とフィルムの間に隙間を設けることで医療用「N95マスク」着用時も曇りにくい構造になっている。

 開発を担当した同病院新規医療研究推進センターの藤井政至助教は「現場で使いやすく、紙製でも十分な性能が得られる形状を考えた」と話す。

試作100回以上

 オリガミの開発は、消化器病専門医の藤井助教が、東京都の医療機関で働く知人の医師から医療資材が不足する現場の切実な声を聞いたのがきっかけ。「クリアファイルで簡単にフェースシールドを作る方法を考えてほしい」と依頼され、これまでも同推進センターは地元企業と医療機器の開発に取り組んでいたことから、開発に乗り出した。

 藤井助教はその日のうちに、段ボール製の副木なども販売しているサンパックなどに協力を求め、プロジェクトチームを発足。一般的なフェースシールドはプラスチックなどを素材としているが、大量生産するため、紙で作ることにした。

 テレビ会議で東京の医療従事者から意見を聞きながら、シールド部分の曇りや音の聞こえ方といった課題を一つひとつ解決。100回以上の試作を重ね、わずか1週間で製品化した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ