PR

ニュース プレミアム

常駐医師おらず超高齢化…離島が直面したコロナ危機

 新型コロナウイルスの感染拡大で、離島のある自治体は強い危機感で対策に臨んだ。重症化リスクが高いとされる高齢の住民の割合が大きく、医療体制も脆弱(ぜいじゃく)なためだ。香川県多度津町は、瀬戸内海に浮かぶ高見島、佐柳(さなぎ)島への不要不急の訪問を控えるよう要請。フェリー会社も、乗船前に乗客の体温測定をし、船内では離れて座るよう注意を促す。緊急事態宣言は解除されたが、気兼ねなく行き来できる状態になるまで関係者の努力は続く。

37・5度以上は乗船不可

 高見島、佐柳島に向かうフェリーが出発する多度津港。乗り場では、三洋汽船(岡山県笠岡市)の担当者が、フェリーを待つ人の額に体温計をかざす。37・5度以上あれば、乗船券は買えない。

フェリー会社の担当者は乗客の額に体温計をかざして体温を測定する=5月14日、香川県多度津町
フェリー会社の担当者は乗客の額に体温計をかざして体温を測定する=5月14日、香川県多度津町
その他の写真を見る(1/2枚)

 乗船券の販売窓口には注意喚起の貼り紙を掲示。感染予防のためマスクの着用や、乗客が互いに距離を確保するよう促している。船内にはアルコール消毒液を設置し、乗船、下船時の手や指の消毒も訴える。いずれも多度津町の呼びかけを受けた取り組みという。

 町は4月14日、「高見島・佐柳島へ渡航予定の皆さまへ」と題した文書をホームページで公開。発熱やせきの症状のある人や体調の優れない人、新型コロナウイルス感染の可能性が考えられる症状がある人に対し「渡航をお控えください」とした。また、症状のない人についても、不要不急の渡航を自粛するよう依頼。渡航の際は感染防止策を徹底するよう求めた。

4人に1人以上が高齢者

 背景には、高齢化が進み医師が常駐しない島で感染が広がれば、島民の命や生活が脅かされるとの危機意識がある。高見島の住民は34人で高齢化率は76・5%。67人が住む佐柳島の高齢化率は90%を超える。いずれの島にも診療所しかなく、医師がやってくるのは週1日にとどまる。

 「万が一、島で感染が広がったら大変な事態になる」。90代の両親が高見島に住む香川県丸亀市の主婦(66)は不安を募らせる。両親の食事や入浴を手助けするため、女性は定期的に島を訪れる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ