PR

ニュース プレミアム

【マッキーの動物園日記】サイのトレーニングやワニの食事…休園中多彩にライブ配信

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)ですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、臨時休園が続いています。6月2日には再開が決まり、動物たちとの再会も楽しみですが、先月、休園中も元気な動物の姿を見てもらおうと、動画サイトでライブ配信を行いました。「動物園マニア」の目線で動物園経営を進めている牧慎一郎園長が休園中の挑戦を綴ります。

 緊急事態宣言が出て以来、当園もしばらく休園をしておりますが、休園中でも動物は普通に元気に過ごしていますし、飼育スタッフも頑張っています。

 お客さまをお迎えできない状況の中でも動物園として何かできないか、スタッフがいろいろと考えてくれて、動物園の中からライブ配信をしようということになりました。

 当園では、公式のYouTubeチャンネルを開設していて、普段から動物に関するいろいろな動画を公開しているのですが、このチャンネルを使えば、スマホやタブレットを使って動物園から生中継ができるとのこと。いまどきは便利ですね。

 さらに、視聴者がYouTubeのアカウントをお持ちであれば、中継を見ながらコメントを書き込むこともできるので、中継中に動物園の担当者と視聴者との間でリアルタイムでのやりとりができるすぐれもの。

 ライブ配信の本番は4月19日に決定。この日は日本動物園水族館協会が定めた「飼育(419)の日」で、例年であれば、当園含め全国の各動物園でイベントが行われる日です。

タブレットで動物園の裏側(肉食動物のエサの準備)を中継するスタッフ
タブレットで動物園の裏側(肉食動物のエサの準備)を中継するスタッフ

 この日に、当園では丸1日かけて断続的に園内8カ所から中継放送をしました。午前中は、サイ舎で毎朝実施しているトレーニングの様子、動物園の調理場でエサを準備している様子など、午後には鳥の楽園での鳥の食事の様子や爬虫(はちゅう)類館でのワニの食事の様子などを中継しました。忙しい一日になりましたが、多くの応援コメントもいただけて励みになりました。

 やってみると、ライブ配信ってなかなか有効なツールですね。味をしめて、ゴールデンウイークの最中にも実施しましたし、今後も実施を予定しています。当園のYouTubeでは過去の配信映像も公開していますので、ぜひアクセスいただいて、おうち時間の充実に活用してください。

 (天王寺動物園長兼改革担当部長 牧慎一郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ