PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】試合開催でも赤字が増える…重荷の選手年俸どうするか

オンラインで記者会見するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=11日午後
オンラインで記者会見するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=11日午後

 支配下選手枠70人→40人という強烈リストラ策も飛び交う中、阪神は巨人と同一歩調の来季148試合制の提唱です。安倍晋三首相は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言について東京、大阪など8都道府県を除く39県で解除しました。それを前に、プロ野球は11日の12球団代表者会議と12日の臨時オーナー会議で延期していたシーズン開幕日について「最短6月19日の開幕を目指す」ことを決定。いよいよ6・19開幕でシーズン120試合、クライマックス・シリーズは開催という骨格が完成しました。しかし、各球団の経営が深刻な状況に直面する中で選手の年俸問題は暗中模索ですね。阪神はここでも巨人と二人三脚の姿勢なのです。

パも阪神、巨人に追随

 シーズン開幕日が延期されていた日本のプロ野球が、やっとシーズンインへのロードマップを完成させましたね。11日の12球団代表者会議と12日の臨時オーナー会議を経て、全球団は「最短6月19日の開幕を目指す」ことで合意しました。このコラムでは緊急事態宣言の期限が5月6日から31日に延期された後も、巨人と阪神、阪神と巨人という東西の人気球団が6月19日開幕に強くこだわっていることを書きました。プロ野球の黎明(れいめい)期から球界の牽引(けんいん)役だった両球団が6・19を目指すことで一致し、セ・リーグの他の4球団も追随。当初は懐疑的だったパ・リーグ6球団も最終的には阪神と巨人の6・19案に合流したのです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ