PR

ニュース プレミアム

逆境の「無観客」がプラスに 地方競馬アフター5が好調

園田競馬場で行われている薄暮競馬。競走馬たちは照明に照らされながらゴール板を駆け抜けた=兵庫県尼崎市(県競馬組合提供)
園田競馬場で行われている薄暮競馬。競走馬たちは照明に照らされながらゴール板を駆け抜けた=兵庫県尼崎市(県競馬組合提供)

 コロナ禍でほぼ全てのスポーツイベントがストップする中、競馬は無観客ながらも開催が続けられている。なかでも売り上げ好調な地方競馬を引っ張るのが、アフターファイブに開催される「薄暮競馬」「ナイター競馬」だ。外出自粛で娯楽が限られる中でも仕事の後にインターネット上で気軽に楽しめるとあって、園田競馬場(兵庫県尼崎市)では馬券の売り上げが前年から倍増する日も。地方競馬の収益の一部は宝くじと同様に自治体の財源に充てられることもあり、各地で導入の動きが相次いでいる。 (岡野祐己)

1日の売り上げ12億円

 安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スポーツイベントなどの自粛を要請したのは2月26日。これを受け、中央競馬も地方競馬も直後から無観客での開催に切り替え、馬券は電話、インターネットでの発売のみとなった。

 園田競馬場でも無観客開催が続く中、開催8日目の3月17日、中央競馬が行っていない薄暮競馬の実施に初めて踏み切った。最終レースを普段より約2時間遅い午後6時半頃に設定し、3月は6日間実施。4月からはさらに時刻を遅らせ、午後7時頃の最終レースとした。

 運営する兵庫県競馬組合や地方競馬全国協会(NAR)によると、3月の売り上げは無観客にもかかわらず前年比約12%増の約58億1500万円。薄暮競馬の実施日をみると、平日の4月21日は約8億1千万円、連休期間中の5月5日は約12億円に上り、ともに前年同時期からほぼ倍増した。同組合の担当者は「仕事を終えてから馬券を購入される方が増えているのでは」と分析する。

無観客が追い風に

 園田競馬場ではもともと、最終レースが午後8時半頃となるナイター競馬を平成24年から行ってきた。ただ、開催は毎年5~11月頃の金曜日限定。ナイター競馬の場合、観客が周辺の住宅街を通って帰途に就くのは夜になる。このため住環境に配慮し、住民や兵庫県警との間で開催は週1回と合意を交わしているからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ