PR

ニュース プレミアム

【通崎好みつれづれ】なごむ「レトロかるた」

通崎睦美さん所蔵の「映画スターかるた」
通崎睦美さん所蔵の「映画スターかるた」
その他の写真を見る(1/4枚)

 以前、当欄で「保育かるた・いいこちゃん」なるものを紹介したことがある。おそらく昭和20~30年代のもので、「つまみ食いしないいいこちゃん」「静かに弁当いいこちゃん」と、かわいらしい絵札でいろんないいこちゃんが紹介される。「衛生に気を付けるいいこちゃん」「手足きれいにいいこちゃん」などの読み札を見れば、図らずも新型コロナ感染対策に通じるものがあるのは興味深い。

 さて、京都・東寺の弘法市で見つけたこのかるたをきっかけに、その後いくつかの古いかるたを入手した。

 例えば「スポーツかるた」。箱には、セーター姿でガッツポーズを決める力道山。「涙をのんで惜敗す」、「余念なく猛練習」、「連戦連勝意気高し」。いずれもひらかなで記されているが、この言い回しは、今の小学生に通じるだろうか。一昔前の子供たちの国語力に思いを致す。

 「映画スターかるた」というのもある。エンタツ・アチャコが活躍した時代のものだ。「斬られた振りする阪東妻三郎」「ゲーリー・クーパーはのっぽさん」と俳優の名前を読み札にしたものから、「苦しい夏の冬姿」「大きな家もみなセット」と、撮影現場をちょっとからかうようなものまで。昭和42年生まれの私にとっては、どれもレトロでうきうきする。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ