PR

ニュース プレミアム

コロナ禍は危険な「詐欺の絶好機」 受け子は外出自粛しない

 新型コロナウイルスの感染拡大で社会活動が大きく制限されている中、特殊詐欺グループの犯行が活発化している。被害者から現金やカードを受け取る「受け子」は、人出の減少で目立つリスクを抱えながら活動を続け、新型コロナウイルスに便乗する新たな手口も次々と確認されている。専門家は「不安や混乱が広がる現状は、詐欺グループにとって絶好の機会」と引き続き強い警戒を呼び掛けている。

外回り激減なのに…

 4月23日午後2時50分ごろ、大阪市住吉区の公園で大阪府警住吉署員が不審な男(22)を発見した。外出自粛要請で外回りをするサラリーマンが激減する中、スーツ姿で公園内を歩き回っていたのだ。

 この日、同区内では、特殊詐欺グループが高齢者の資産や家族構成を探る「予兆電話(アポ電)」とみられる不審な電話が多発。職務質問の結果、男は不審電話との関与は確認できなかったものの、3月末に発生した別の特殊詐欺事件の受け子だった疑いが強まり、キャッシュカードを取ったとする窃盗容疑で逮捕された。

 大阪府警によると、今年1~3月に認知された府内の特殊詐欺の件数は264件。前年同期比で97件減少したものの、被害額は約6億5400万円で約9300万円も増加。刑法犯全体が減少傾向にある中、高額被害が続いた。

 4月の被害状況は集計中だが、2月は349件、3月は434件だったアポ電をはじめとする不審電話が、4月は中旬までに550件近く発生。新型コロナウイルスの感染拡大に乗じるように増加している。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ