PR

ニュース プレミアム

【原坂一郎の子育て相談】 孫の便秘を治したい

 今春卒園した孫は、以前から食事にむらがあり、便秘がちです。オマルを大人の便座に乗せて座らせてもダメです。4日くらい続くと浣腸で排便をさせています。少々パンツの中に失敗しても、本人は知らせません。母親がいろいろと言うので抵抗しているのでしょうか? 学校が始まって、パンツが臭っていると、嫌な思いをするのが目に見えています。母親も努力していて、よく食べて、しっかり排便をするよう言い聞かせたりしているようです。小児科に行くと便を柔らかくする薬を処方され、親が排便のことをあまり口にしないようにとの助言もあったようです。どうすれば、孫によい排便習慣が身につくでしょうか?

 便秘は本人の意思ではどうにもならないことが多く、叱っても効果がないし、優しく「うんちしようね」と言ってもダメでしょう。たっぷり野菜を食べる、しっかり運動をするなど、私が思いつくことも、やりつくしたと思います。もしも野菜が苦手な場合は、濃縮野菜ジュースが飲めるといいそうです。

 便座の上に子供用をセットすると得手が悪く、かえって出にくいことがあります。

 わが家では3歳から大人用にそのまま座らせていましたが、何の支障もなく、かえってスムーズにいきました。

 お孫さん思いのあなたは、お孫さんがお母さんからヤイヤイ言われるのをかわいそうに思われているようですが、お母さんも一生懸命なのでしょう。お母さんにはねぎらいの、お孫さんには励ましの、優しい言葉を陰でこっそりかけてあげてください。

 学校でのことも心配されていますが、からかったりはしない優しい友達ばかりが待っているかもしれません。心配しすぎないようにしましょう。お医者さんにも通われているのであれば、しばらくは医師の言う通りにするのが、やはりベストのように思います。

(こどもコンサルタント)

原坂一郎 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演を行う。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士。

 子育てに関する悩みをお寄せください。原坂一郎先生が回答します。〈メール〉life@sankei.co.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ