PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】週明けの会議に注目、開幕日は阪神&巨人の思惑通りとなるか

2002年のオーナー会議で話し込む巨人の渡辺恒雄オーナー(左)と阪神の久万俊二郎オーナー
2002年のオーナー会議で話し込む巨人の渡辺恒雄オーナー(左)と阪神の久万俊二郎オーナー

 6・19シーズン開幕で阪神は巨人と同一歩調。直近で“暗闘”があったにもかかわらずビジネスパートナーの絆は揺るぎません。新型コロナウイルスの感染者が1万5553人(クルーズ船乗船者を除く=7日現在)となり、政府は緊急事態宣言の期限を5月6日から5月31日に延長。「連休明けぐらいに開幕日を決めたい」とする斉藤惇コミッショナーの発言も6日の宣言解除が大前提だったので、雲行きが怪しくなってきました。球界は週明けの11日の12球団代表者会議と12日のオーナー会議で新たな開幕日を論議しますが、阪神と巨人は当初の目標だった6月19日開幕を強く主張しているのです。舞台裏を書きましょう。

 ■先行き見えないプロ野球

 新型コロナウイルスの猛威はとどまる気配がありません。米国での死者数は7万3千人を上回り、英国でも死者数は3万人を超えました。日本でも感染者は1万5553人、死者は590人(クルーズ船乗船者を除く=数字は全て7日現在)。ロシアやブラジルでも感染者は急増しており、世界の感染者は累計で370万人超となっているのです。日本国内は欧米などに比べて感染者を抑制できているものの、全く油断はできない状況ですね。

 安倍晋三首相は4日に緊急事態宣言の期限を6日から31日に延長しました。14日に行う感染者数の動向といった専門家の分析を踏まえて、一定の基準を満たせば31日の期限よりも前に都道府県ごとに段階的に解除する意向も示しましたが、全く先行きの見えない状況には変わりありません。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ