PR

ニュース プレミアム

コロナ対策でプール離れを食い止めろ 元競泳選手が指導者用マスク開発

水泳指導者向けに開発された透明マスクを自宅の風呂で試す水泳インストラクターの福村紅子さん
水泳指導者向けに開発された透明マスクを自宅の風呂で試す水泳インストラクターの福村紅子さん

 プール指導の風景が変わるかもしれない。新型コロナウイルスの感染拡大で、全国のスイミングスクールも臨時休館に追い込まれている中、安心して授業が再開できるようにと、元競泳選手の起業家がプール内で使用する水泳指導者向けの透明マスクを開発、商品化した。

 同マスクは、顎の下から空気が入る形状のビニール素材で、水にぬれても呼吸ができる。プール内で声を出す指導中に、口鼻から前方に出る飛(ひ)沫(まつ)を100パーセントカットし、口元の表情がはっきり見えるのも特徴だ。

 開発したのは、男子200メートル自由形で五輪代表選考会に出場した経歴がある水泳関連のイベント企画会社「Rockin’Pool」代表の西川隼矢(じゅんや)氏(37)。「人と笑顔をもっとプールに集める」が企業理念で、水中カメラマンや水中VR(仮想現実)体験などを企画したりしている。そんな中、コロナの影響で、スイミングスクールから退会者や休会者が続出している現状を耳にし、「プールを存続させるため」、マスク制作に乗り出した。

 4月12日に試作品が出来上がり、SNSでモニターを募集をしたところ、「今すぐほしい」と反響があった。山口県内の施設で会員約300人を受け持つ水泳インストラクターの福村紅子さん(42)も手を挙げた一人。福村さんは自身が指導者であると同時に、小学2年の息子をスイミングスクールに通わせていることもあり、実際にコーチとの距離感に不安を感じていたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ