PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】宣言延長で「七夕開幕」か…待っているのは「球界常識」通用しない世界

昨年のゴールデンウイーク、甲子園球場は阪神のサヨナラ勝ちに沸いた=2019年5月5日、兵庫県西宮市(松永渉平撮影)
昨年のゴールデンウイーク、甲子園球場は阪神のサヨナラ勝ちに沸いた=2019年5月5日、兵庫県西宮市(松永渉平撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 七夕開幕が実現しても球界の赤字額は600億円なり!? 阪神も超緊縮財政の中で風雪に耐えなければなりません。新型コロナウイルス感染拡大で出されていた緊急事態宣言が1カ月延長される見通しとなりました。日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は新たなシーズン開幕日について「延長になった後の会議(11日の実行委員会)で議論されると思う」と話しましたが、目標としていた6月19日開幕は絶望的です。現段階では7月3日、7日、10日が有力候補ですね。しかし、“七夕開幕”が実現しても試合数は143→100未満&無観客開催→間引き入場制限で、球団経営は破滅的な減収です。全ての“球界の常識”が覆るかもしれません。

6月開幕は絶望的

 世界に蔓延する新型コロナウイルスは日本球界をも危機的な状況に追い込んでいます。安倍晋三首相は全国を対象に出していた緊急事態宣言を1カ月延長することを決断しました。当初は5月6日までだった制限期間は6月初旬まで延長されることが確実です。密集、密閉、密接の3密を防ぐ対策はさらに継続となったのです。これによってプロ野球も選手が集まって練習することが不可能になり、当然の流れとして当初は3月20日だったシーズン開幕日もさらに大幅延期となることが確実となったのです。

 宣言期間の延長を前に、NPBの井原事務局長は「延長された場合にどうするかは、延長になった後の会議で(12球団で)議論されると思う」と説明していました。斉藤惇コミッショナーも緊急事態宣言の期限が5月6日という前提では「連休明けくらいに開幕日を決めたい」と話していましたが、実際に延長されたことで6月19日開幕というプランは絶望的。先行きの見えない状況では、11日の実行委員会でも議論は交わすものの、開幕日を正式決定するまでには至らないでしょう。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ