PR

ニュース プレミアム

【近ごろ都に流行るもの】コロナ太り対策食品(上)「脂肪を減らす」“攻め”のノンアルビール

だらけがちな在宅勤務のリフレッシュにも!? 「内臓脂肪を減らす」「お腹まわりの脂肪を減らす」ノンアルコールビール
だらけがちな在宅勤務のリフレッシュにも!? 「内臓脂肪を減らす」「お腹まわりの脂肪を減らす」ノンアルコールビール

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言も長期化の見通し。外出自粛による運動不足やストレス過食で“コロナ太り”が急増しているという。そんななか、「脂肪を減らす」ノンアルコールビールの人気が高まっている。ノンアルビールの登場から10年あまり。当初は「ビールが飲みたいけれど運転が…」というガマンの選択だったが、健康志向の商品が続々開発され、代替品ではなく積極的に選ばれるヘルシー飲料に出世。ノンアルだからいつでも飲めて、在宅勤務のリフレッシュにも使える。(重松明子) 

 筆者も自宅に籠る日々が続き、体重が2キロほど増えた。久々に履いたタイトスカートが、はち切れそうで苦しい~。食料品買い出しの際、ノンアルビール棚の「脂肪を減らす」の文字に吸い寄せられる。1本百数十円。2商品が出ている。

 「ステイホームで思うように運動できず、太ることへの警戒感が高まっている。購入層は生活習慣病などを気にする中高年が中心ですが、見た目のスタイルを気にする20、30代にも広がってきた」

 キリンの「カラダフリー」を担当する同社マーケティング部の佐藤洋介さん(34)が、リモート取材の画面で笑顔を見せた。昨年10月発売。4月30日までに2200万本以上売れている。

 皮下や内臓の「おなかまわりの脂肪を減らす」という効果は、長年の研究成果という。

 キリンでは、ビール原料のホップに含まれる苦味成分「イソα酸」に体脂肪低減効果があることを発見していたが、苦みが強烈で食品使用が難しいという課題があった。そこから10年以上の歳月をかけた末に、独自の加熱熟成技術によって苦みを8割減らした「熟成ホップエキス」の量産化に成功。ノンアルビールが商品化第1号となった。

 発売前、肥満傾向に分類されるBMI値25~29の男女約100人に1日1本飲用12週間の継続試験を行った結果、CTスキャン測定で腹部の総脂肪面積が平均で17平方センチメートル減少したことが確認された。「今まで通りの生活を続けてもらった上での結果。スッキリとした飲みやすい味に仕上げているので、長く続けてもらいやすい」と佐藤さん。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ