PR

ニュース プレミアム

コロナで広がるオンライン交流、福祉でも 地域の「居場所」確保

ビデオカメラをセットし、「オンライン交流」の準備を進める重田由美理事長=4月15日、大阪府豊中市の地域交流拠点「とよなか縁結実」
ビデオカメラをセットし、「オンライン交流」の準備を進める重田由美理事長=4月15日、大阪府豊中市の地域交流拠点「とよなか縁結実」

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続く中、インターネット上で顔を合わせて会話する「オンライン交流」を福祉の現場で役立てる試みが始まっている。参加者の顔が並んだ画面を通じて、おしゃべりをしたり、マスク作りをしたり。実際に集まることはできなくても、同じ時間を過ごす地域の「居場所」となることを目指している。(吉国在)

 「みなさん、聞こえますか」。大阪府豊中市にある地域交流施設「とよなか縁結実(えんゆうみ)」。施設を運営する団体の重田由美理事長が呼び掛けると、画面上の参加者たちが手を振って応えた。

 「とよなか縁結実」は、空き家を改装し昨年7月に地域の交流拠点としてオープンしたが、3月以降は新型コロナウイルスの影響で休館していた。

 そこで、4月15日からはオンライン交流の“スタジオ”として新たにスタート。利用者には、とよなか縁結実のホームページ上からビデオ通話アプリを無料でダウンロードしてもらい、毎週水、金曜日の午後1~4時にオンライン交流を実施。ネット上で顔を合わせて会話しながら、マスクを作ったり、体をほぐすための体操をしたりしている。

 最初はぎこちなかった初対面の参加者も、徐々に会話が弾みはじめてきた。「初の試みだけど、会話が途切れても気まずくないし、誰かが話す間は自然と周りは聞く側に回るので一体感も感じられた」。重田さんは手応えを口にする。

予防医療が狙い

 豊中市はこれまで、医療従事者が病院内で働くだけではなく、地域の中で住民の暮らしに寄り添いながら健康をケアする予防医学の取り組みを実践してきた。

 看護師や薬剤師、医師らが参加し、独居の高齢者や妊産婦、子供、難病患者、生活困難者らの孤立を防ぐ「居場所」を提供するとともに、医療の専門家が住民の近くで健康上のアドバイスを行っている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ