PR

ニュース プレミアム

【衝撃事件の核心】コロナ禍に悩む接客業 ネットに活路の動き

その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大により水商売も壊滅的な打撃を受け、働く人たちや業態にさまざまな影響が見え始めている。大阪府警が4月、少女にわいせつな行為をさせ、その様子をインターネットで配信させたとして逮捕した夫婦は、「性風俗で働いていた女性が動画配信に流れている」などと供述した。一方、テレワークとともに広まっているテレビ会議システムを使った「キャバクラ」も登場。自宅にいながら雰囲気を味わえるとして、一部で話題を集めているという。

「無法地帯」

 インターネットを通じて動画を生中継で配信できるサイト「FC2ライブ」。そのアダルト版を開けば、若い女性の顔や体の写真などが扇情的なコメントとともに表示される。いずれも配信中のチャンネルだ。

 府警は4月、このサイトで下半身を露出したとして、公然わいせつ容疑で17歳と18歳の少女を逮捕。共犯として、スカウトやチャンネル運営を行っていた夫婦も逮捕した。

 同サイトの有料配信は、1分間視聴するために必要なポイントを設定し、視聴者が視聴時間に応じて支払うポイントを換金する仕組みで、視聴者を集めるほど収入は膨らんでいく。この夫婦が開設したチャンネルの配信収入は右肩上がりに増え、平成29年9月以降、総額約2億8千万円にも上っていたという。

 府警の取り調べに対し、夫婦が口にしたのは新型コロナの影響だ。「風俗店に客が来ないので、働いていた女の子がこっちの業界に流れてきている」。休業要請などを受け、閑散とする夜の街をあきらめ、動画配信で稼ごうとする女性が増えたというのだ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ