PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】見えない開幕、選手は年俸削減の可能性を直視すべき

今年3月、甲子園で汗を流す阪神ナイン。試合数減少の先にあるのは…(撮影・岡田茂)
今年3月、甲子園で汗を流す阪神ナイン。試合数減少の先にあるのは…(撮影・岡田茂)

 衝撃の年俸カット率を提示!? 虎戦士たちは今から覚悟を固めておかなければならないでしょう。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開幕(当初は3月20日)を延期している日本野球機構(NPB)は23日にJリーグと第6回の「新型コロナウイルス対策連絡会議」を開催。その後の12球団代表者会議で「開幕後は当面、無観客試合を実施」することを合意し、注目の「開幕日は6月中旬以降」とすることも確認しました。コラムで書いた6・19を軸に調整するようですが、いまだに議題にも話題にも上がらないのが「試合数減+無観客開催」で焦点となる選手の年俸削減問題です。なぜベールに包まれているのか…。虎戦士も重大覚悟が必要です。

書くことがない

 以前のコラムで書きましたね。スポーツのない世界はわれわれスポーツ関連のマスコミを“絶滅危惧種”にする…と。今回のコラムがアップされる4月26日の日曜日、本来のスケジュールでいうなら阪神は中日3連戦(ナゴヤドーム)の3試合目を戦っています。雨天中止がなかったならば、開幕から32試合目なのです。すでに開幕ダッシュに成功したか否かがクッキリと見えてくる時期でしたね。

 それが…。新型コロナの感染拡大を受けて全国に緊急事態宣言が発令され、全国民が不要不急の外出の自粛を求められています。人との接触を8割減らすように求められ、ほとんど全ての経済活動が止まり、スポーツはプロアマの垣根なくイベントの延期、中止に追い込まれています。野球もサッカーもラグビーもゴルフも…何もない。となるとスポーツを扱うマスコミは書くことがない。全てのスポーツ紙を見ても苦心している様子が紙面からにじみ出ています。最悪なことに苦労して作った紙面でもやはり面白くない…。最悪です。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ