PR

ニュース プレミアム

勤務中チューハイで失職、大阪府職員の守れなかった節度

その他の写真を見る(1/2枚)

 酒を飲んで仕事の不安から一時的に逃れても、職を失ってしまっては元も子もない。大阪府の男性職員(64)が3月、勤務中に飲酒を繰り返したとして戒告処分を受けた。男性職員は4月以降も雇用を1年延長できたが、処分を受け自ら退職の道を選んだ。アルコール依存症と診断される高齢男性は近年少なくない。専門家は「自力回復は困難」として相談を呼びかけている。(井上浩平)

ざるそばをアテに

 府によると、男性職員は府庁勤務で定年を迎えた後に再雇用され、文化事業や観光振興などを担当する府民文化部に所属していた。

 勤務中の飲酒が初めて発覚したのは昨年6月25日。府内の最高気温は31度を超え、真夏日だった。「暑くてのどが渇いた」。1人で府内に出張した男性職員は昼の休憩時にコンビニエンスストアで缶チューハイ(250ミリリットル、アルコール度数8%)を1本買い、その場で飲み干した。

 赤ら顔で大阪市内の府庁に戻った男性職員は酒のにおいを漂わせ、普段より声も大きかった。異変に気づいた上司が「酒を飲んで仕事はできない」と注意し、年休を取って帰宅するよう命じると「わかりました」と従ったという。

 それから2カ月後、愚行は繰り返された。男性職員は再び1人で出張した9月4日昼、コンビニで6月と同じ缶チューハイを2本購入。1本は店の前で空け、もう1本は出張先の府の施設事務室で、ざるそばを“アテ”に飲んだ。この日も庁舎に戻った後、上司に注意され帰宅している。

「節度守る」と誓い

 府の聞き取りに男性職員は「仕事がうまくいかず、不安やイライラから飲酒した。6月に上司から注意を受けたことは、9月時点で頭に残っていなかった」と説明した。

 男性職員は調査に「勤務中に飲酒したのは、2回だけ」と主張。短期間で2度も勤務中の飲酒が発覚し、昼食とともに缶チューハイを飲むなど慣れた様子だったことから、常習性を指摘する声もあったが、府の担当者は「疑いは残るが、2回以外に飲酒の事実は確認できない」とする。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ