PR

ニュース プレミアム

【皇室ウイークリー】(634) 愛子さま、高等科をご卒業 マスク姿で「心から感謝」

 両陛下も同日、愛子さまご卒業に際しての感想を記された文書を公表。愛子さまご在学中は「楽しく実り多い日々を送ることができた」として関係者に謝意を示す一方、新型コロナウイルスに触れ「我が国の国民、そして世界の多くの人々が直面している様々な困難や苦労に深く思いを致しています」とつづり、終息に向かうことを願われた。

 代替わりに伴う引っ越しで、葉山御用邸(神奈川県葉山町)に滞在していた上皇ご夫妻は25日、御料牧場(栃木県高根沢町)に入られた。31日まで同地に滞在し、同日中に仮住まい先となる高輪皇族邸(東京都港区)に移られる。入居後、高輪皇族邸は「仙洞(せんとう)仮御所」と呼ばれ、最終的に赤坂御用地内に転居するまで最長1年半を過ごされる見通し。

 秋篠宮妃紀子さまは24日、世界結核デーにあたり、世界の結核予防関連団体が加盟する国際組織「国際結核・肺疾患予防連合」のホームページにメッセージを寄せられた。紀子さまは同連合の名誉会員を務めており、30年にはオランダ・ハーグで開かれた「第49回肺の健康世界会議」の開会式にも臨席されている。メッセージでは冒頭、新型コロナウイルスの感染拡大に触れ「人々を感染症から守るために力を尽くしている世界中の人々に深く感謝いたします」と謝意を示された。また、日本での結核予防の取り組みを紹介した上で「結核やその他の感染症をなくすことは、世界の人々がともに目指す目標」として、今後も啓発に取り組んでいく考えをつづられた。

 【皇室ウイークリー】は毎週金曜日、「産経ニュース」に掲載している企画です。ニュース紙面ではあまり触れられない各宮家のご活動や、上皇ご夫妻のご様子を含め、宮内庁担当記者が皇室の1週間を振り返ります。紙面で掲載できなかった写真もご紹介しています。さらに「皇室ウイークリー」だけのために撮影した写真も、アップしています。

 また皇室のご動静は、産経新聞社が取材協力している扶桑社の季刊誌『皇室 Our Imperial Family』でも、詳しくご紹介しています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ