PR

ニュース プレミアム

【エンタメよもやま話】異例のベストセラー みずほ銀行システム統合本の凄さ

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史
みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史

 さて、今週ご紹介するのは、巷(ちまた)で話題の一冊に関するお話です。

 音楽や映画といったエンタメから経済や科学、芸術、人文学系に至るまで、どんな分野にもマニアックな需要をそこそこ満たす商品が存在するものですが、いま、そんなマニアックな人々向けのように思われる一冊の本が隠れたベストセラーを記録しています。

 「みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史」(日経コンピュータ著、日経BP、1980円)。タイトルを見れば、ほとんどの人は「当事者を含む金融関係か、IT(情報技術)関係の人しか読まへんやろ」と思いがちですが、発売前からツイッターなどSNS(交流サイト)で盛り上がり、まとめサイトが立ち上がるなど、ちょっとした“お祭り状態”に。

 その結果、発売前の予約時点でアマゾンのランキングに入り、2月14日の発売日に書籍総合第1位に。そのまま1位を3日間キープし、発売5日間でまさかの5万部を突破する快挙を成し遂げたのです。

 それにしても、なぜ、こんなマニアックな本が発売前から話題になり、ベストセラーを記録したのか。今回は、この本の内容を紹介しながら、その謎に迫ります。

    ◇   ◇

 タイトル通り、本書が描くのは、みずほフィナンシャルグループ(FG)が、みずほ銀行で2011(平成23)年6月から昨年7月まで行った「勘定系システム」の刷新・統合プロジェクトが歩んだ長い道のりです。

 「勘定系システム」とは、銀行業務の本丸といえる預金や融資、振り込みなどをつかさどる、銀行にとって最も重要な情報システムのことです。これが不具合を起こし、使えなくなると、ATM(現金自動預け払い機)も銀行の支店の窓口も、パソコンやスマートフォンから利用するインターネットバンキングもすべて使えなくなります。

 ところが、みずほFGのシステム(第3次オンラインシステム)は、パソコンやスマホが登場する以前の1980年代末に開発されたものでした。

 みずほFGは2000(平成12)年に第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行が統合して誕生しましたが、実は、この時代遅れの「勘定系システム」の刷新・統合は3行合併時からの大きな懸案事項だったのです。

 しかし、さまざまな理由で刷新は延々と進まず、2002(平成14)年4月1日に大規模なシステム障害を引き起こします。その後、システム刷新を進めようとしますが何度も失敗。東日本大震災の発生から3日後の2011(平成23)年3月14日に再び大規模なシステム障害を起こします。

 そこから立ち上がり、同年6月から、旧システムの刷新と新しい勘定系システム「MINORI(実り)」の開発プロジェクトがスタートするのですが、昨年7月の完了までに投じた資金は何と4000億円代半ば。参加企業は富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータを筆頭に計1000社。投入人員は35万人月。1人のIT技術者が丸1カ月作業をすると、その作業量が「1人月」なので、その35万倍の規模です。想像できません。

 本書では、3行合併時の2000(平成12)年以来、19年越しの悲願ともいえるこの「MINORI(実り)」プロジェクトの壮大過ぎる道のりの裏側を明らかにするのです。

    ◇   ◇

 2014(平成26)年の初めに、当初2016(平成28)年3月だった開発完了の時期を同年末に9カ月間遅らせたのに、同年11月にはさらに数カ月伸びると発表するなど、2度にわたって開発完了が延期。

 そんなゴタゴタから、口の悪いIT業界関係者の間で、なかなか完成しないスペイン・バルセロナの教会にちなみ「IT業界のサグラダファミリア」と揶揄(やゆ)されたこの壮大過ぎるプロジェクト。

 本書ではこれを第1部「IT業界のサグラダファミリア、ついに完成す」、第2部「震災直後、『またか』の大規模障害」、第3部「合併直後、『まさか』の大規模障害」の3部構成で説明します。

 詳しくは読んでいただければ分かるのですが、例えば、第2部の第8章「重なった三十の不手際」で明かされているように、プロジェクトを進める過程で2度にわたる大規模なシステム障害が起きた原因が、金融機関だけではなく、すべての産業に通じる“失態”であることが分かります。

 システムの老朽化に加え、年月の経過と共にシステムの内部を良く知る人々が少なくなったため、現役の技術者や業務担当者にとってシステムが「ブラックボックス」と化しました。そのため、東日本大震災後のシステム障害が起きた際は対応策が分からず現場は右往左往。結局、障害の解決までに10日近くを費やしたのです。

 経営陣のIT軽視や理解不足から来る問題の先送りや、危機管理能力の欠如もトラブルの解決の遅れに拍車をかけました。実際、東日本大震災後もシステム障害の発生を、システム担当役員が知ったのは発生から何と17時間後。頭取が報告を受けるまでには21時間を要しました。素人目で見ても時間がかかり過ぎています。

    ◇   ◇

 このように本書では、「MINORI(実り)」プロジェクトが完了するまでの“苦闘の19年”を詳細に綴ります。IT全般と情報システム分野に精通した日経コンピュータ(情報システムの専門誌)の精鋭記者5人が取材・執筆したとあって、素人にはけっこう難しい専門用語なども出てきますが、それでもできるだけ、記者のような素人にも理解できるようにと、相当かみ砕いた表現を心掛けた痕跡がところどころにうかがえます。

 そして、読み進めていくうちに、これほどマニアックな内容の本書が異例のヒットを記録している理由が分かってきました。最大の理由は何といってもこのプロジェクトに関わった人の多さと、想像を超える苦難が付きまとったことでしょう。

 前述したように、参加企業は富士通、日立製作所、日本IBM、NTTデータを筆頭に計1000社。投入人員は35万人月にのぼります。こうした参加企業の人々の脳裏にはきっと、このプロジェクトでさまざまな苦労を強いられた人が大半だと想像できます。そして人は、楽しいことより辛かったことを美化しながらしっかり記憶するものです。

 その証拠に、本書に関するアマゾンのレビューを見ると「超有名こげつき案件」「ブラックぶりを書くとおそらく1000社のうち過半に労基が入るのではないでしょうか」などと、実際に関わったと思われる人からの当時を自虐的に懐かしむ声が目立ちます。

 もうひとつは、内容はマニアックながら、エンジニアだけでなく、あらゆる産業の経営者やマネジャーにとっても示唆(しさ)に富む内容を、プロジェクトX的ドラマ展開で淡々と語っているところです。

 本来、この手の本では時系列を追って物語が進みます。なので本書の場合、時系列で行くと第3部、第2部、第1部の順番になるのですが、あえて順番を逆にして映画やドラマのような明快な展開と盛り上がりを作っています。

 さらに、これが重要なのですが、このプロジェクトの苦闘を今後、多くの企業が経験する可能性が高いというのも大きな理由だと思います。

 経済産業省は、2025年には、21年以上稼働し続けている基幹系システムの比率が6割を超えるのではないかと危惧(きぐ)しており、2018(平成30)年5月に発表したリポートでこの問題を「2025年の崖」と名づけ、システムの老朽化によるリスクの高まりに伴い経済損失が年間12兆円にも達するおそれがあると警告しました。

 平たく言えば、5年後には日本企業の6割で、みずほFGが経験した、かつてない「超有名こげつき案件」が発生する可能性があるというわけです。

 つまり、本書が伝えるみずほ銀行の「苦闘の19年」は、多くの企業にとって“明日は我が身”というわけです。

 日経BPでは「企業のビジネスが情報システム無しには進まなくなった時代において、すべての社会人が知っておくべき『情報システムの怖さ・難しさ』が本書には詰まっている」とPRしています。

       (岡田敏一)

【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家、産経ニュース( https://www.sankei.com/ )で【芸能考察】【エンタメよもやま話】など連載中。京都市在住。

 ■毎週、日本を含む世界のエンターテインメントの面白情報などをご紹介します。ご意見、ご要望、応援、苦情は toshikazu.okada@sankei.co.jp までどうぞ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ